携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 お問い合わせ 03-5386-7391 平日9:00-18:00 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 (10月16日更新)

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 New!
アンディ えつこ
鏑木繁 小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2019/09/17 15:02

Eストアー Research Memo(2):7年ごとに注力事業を変遷させ、収益基盤と顧客基盤を着実に強化

*15:02JST Eストアー Research Memo(2):7年ごとに注力事業を変遷させ、収益基盤と顧客基盤を着実に強化
■事業の概要

Eストアー<4304>は1999年の設立以来、一貫してEC支援関連事業を展開してきた。しかしその過程では、事業環境の変化や同社自身の成長に合わせて、おおよそ7年ごとにその注力事業を変遷させながら成長してきている。それまでの事業が軌道に乗って収益のベースを形成する段階に入ると、その収益を使って次の新たな収益事業づくりに進出するというサイクルの繰り返しだ。2019年の現在は3つ目のサイクルから4つ目のサイクルに切り替わったところにある。

(1) 1999年〜2006年頃
同社の事業はショッピングカートサービスからスタートした。その後、サイトを開設するうえで必要なレンタルサーバーの提供を開始し、このレンタルサーバー事業が同社の創成期を支える事業となった。同社はレンタルサーバー事業を主軸にしつつ、ショッピングカートに加えてECを行う上で必要なサービスを逐次追加し、2006年にスタートするEC総合支援のASPサービス『ショップサーブ』の素地を蓄えていった。

(2) 2006年〜2012年
2006年からの7年間は、ECシステム事業、すなわち、EC総合支援のASPサービス『ショップサーブ』が収益源となった。ショップサーブは店舗のWebサイト、ドメイン、メール、決済、受注、顧客の管理などが1つになったASPサービスで、その収益モデルは顧客からASPサービスの月次利用料を徴収するもので、タイプとしてはいわゆるストック型モデルと言われるものだ。ストック収入(月額固定料金収入)は経営基盤を安定させるためには非常に有効だ。ショップサーブの顧客数は順調に拡大し、同社の成長と経営安定化に大きく貢献した。

ECシステム事業が軌道に乗ると、同社は並行して、顧客企業の売上高拡大を支援し、顧客から決済代行手数料などの名目で(Eストアーのショップサーブ上の店舗サイトを経由した)売上高の一定割合を徴収する収入(商規模連動料金収入)の拡大に乗り出した。これは収入のタイプとしてはフロウ型収入と言え、同じ客からの収入ではあるが、ショップサーブの月次利用料(ストック収入)とは分けて管理している。

(3) 2012年〜2018年
既存顧客(ECシステムの顧客)の売上高が順調に拡大し、内容的にもストック収入とフロウ収入の構成がバランス良く順調に伸長するなか、同社は「マーケティング事業」を次の収益の中核事業として育成すべく、その強化に乗りだした。これは、顧客の売上高増大をもたらす販促支援のノウハウを事業化したもので、ポイントは1)販促支援のノウハウや施策を“商品化”し、コンサルティングや業務運営代行に伴うフィーを得るようにしたことと、2)このサービスを既存客(ECシステム顧客)以外にも外販することにしたこと、の2つだ。

当初は、マーケティング事業の内容として、コンサルティング・業務運営代行を行う「販促事業」と、ECショッピングモール『PARK』を運営する「メディア事業」の2つがあった。販促事業こそが同社が最も注力すべき事業領域として位置付けられ、後述するマーケティングシステムと区別して、現在ではマーケティングサービス事業(あるいは販促サービス事業)と呼称されている。一方、メディア事業についてはAmazonなど強力なライバルが存在することや一定の目的を果たしたことから非注力事業と位置付け、最終的に2018年9月末をもってサービスを終了した。

(4) 2018年〜
マーケティングサービス事業(販促サービス事業)は、サービス提供主体がヒト、すなわち人的サービスであるため、次代の成長ドライバーとなる事業をシステムによる販促支援サービスの提供とし、同社はそのシステム開発に取り組んだ。その結果、2017年秋から『Eストアーコンペア(COMPARE)』と『Eストアークエリー(QUERY)』の2つのソフトウェアの提供を開始した(これらを総称して「バックストア群」と呼ぶこともある)。この販促システムの事業をマーケティングシステム事業(あるいは販促システム事業)と称し、2018年からは上記の2つのソフトウェアの拡販に本格的に取り組んでいる。

以上のような変遷を経て、現在の同社は「EC事業」という単一セグメント企業ではあるものの、売上高については、提供するサービスの目的(“販売”か“販促”か)と、提供する主体・手法(“機械・ソフト”か“人的サービス”か)によって、販促サービス(マーケティングサービス)、販促システム、販売システム、メディア事業・ほかの4つに分けて開示している。

販売システムについてはその収入タイプに応じてストック収入(システム利用料収入)とフロウ収入(売上高の一定割合の収入)の2つに細分している。またメディア事業については2018年9月末でサービスをストップした。一方で電子認証事業を行う子会社を連結化したため今後は電子認証事業・他へと変わる見通しだ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川裕之)



《ST》

記事一覧

  • 2019/10/15 17:25:欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、米中部分合意で米地区連銀総裁の見解を注視
  • 2019/10/15 16:51:15日の中国本土市場概況:上海総合0.6%安で6日ぶり反落、ハイテク銘柄に売り
  • 2019/10/15 16:15:東京為替:ドル・円は底堅い、クロス円の上昇がサポート
  • 2019/10/15 16:15:E・Jホールディングス---1Qは2ケタ増収、受注高も順調に推移
  • 2019/10/15 16:03:目先はリスクオンの中、押し目買い意欲は強そう【クロージング】
  • 2019/10/15 16:00:新興市場銘柄ダイジェスト:リーバイスはストップ高、anfacが急騰
  • 2019/10/15 15:53:SFPホールディングス---2Q増収・2ケタ増益、業績予想の上方修正も発表
  • 2019/10/15 15:49:Eワラント:売れ筋・値上がりランキング(大引け)
  • 2019/10/15 15:47:インターアク、アンリツ、RPAなど
  • 2019/10/15 15:44:日経平均は大幅に3日続伸、米中部分合意で400円超高
  • 2019/10/15 15:42:DDホールディングス---9月度の月次売上高発表、既存店前年同月比101.1%
  • 2019/10/15 15:12:CMEビットコイン先物、大口の取組高が前年比60%増「機関の関心は依然強い」【フィスコ・ビットコインニュース】
  • 2019/10/15 15:40:日経VI概況:大きく低下、米中協議の部分合意を受けてリスクオンムード
  • 2019/10/15 15:40:マザーズ先物概況:4日ぶりに小反発、円安基調から市場の関心は東証1部市場に
  • 2019/10/15 15:37:エルテス---2Q2ケタ増収・大幅増益、デジタルリスク事業が好調に推移し業績予想の上方修正も発表
  • 2019/10/15 15:38:不二精機 Research Memo(8):内部留保を確保しつつ、連結損益の実績を考慮した上で安定した配当を継続
  • 2019/10/15 15:37:不二精機 Research Memo(7):精密金型事業は医療・食品容器用、精密成形品事業は自動車関連部品に経営資源集中
  • 2019/10/15 15:36:不二精機 Research Memo(6):2019年12月期会社予想は1.7%増収、16.1%経常増益予想
  • 2019/10/15 15:35:不二精機 Research Memo(5):19年12月期上期は増収・営業減益ながら会社計画に対しては上振れて着地
  • 2019/10/15 15:34:不二精機 Research Memo(4):国内金型製造業の継続的な縮小傾向が続き事業所数減少のなかで新たな成長模索
  • 提供元: フィスコ

    ■投資ニュース

  • 2019/10/15 17:25:欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、米中部分合意で米地区連銀総裁の見解を注視
  • ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム New!
    携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (31MB)
    DVDカタログ (11MB) 紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    「資金管理」ランキング (10/11更新)

    バックナンバー

    資産拡大フェア2019

    1. FXで勝つための資金管理の技術
    2. DVD マネー・マネジメンの追求
    3. 投資苑
    4. デイトレードの基本と原則
    5. ラルフ・ビンスの資金管理大全


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。