携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 7月1日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2022/05/21 14:50, 提供元: フィスコ

為替週間見通し:伸び悩みか、4月米PCEコア価格指数などが手掛かり材料に

*14:50JST 為替週間見通し:伸び悩みか、4月米PCEコア価格指数などが手掛かり材料に
【今週の概況】
■米国経済の大幅減速を警戒してドル売り強まる

今週のドル・円は下落。米連邦準備理事会(FRB)の金融政策引き締めによって米国経済の大幅な減速が警戒されており、米長期金利は低下したことからリスク回避的なドル売り・円買いが優勢となった。米長期金利が反発し、5月17日に129円78銭までドル高円安に振れる場面があったが、住宅関連指標が悪化し、米国株式の下落を嫌気してドル売りが再び優勢となった。

20日のニューヨーク外為市場でドル・円は、128円25銭まで買われた後、一時127円59銭まで反落した。日本銀行の黒田総裁が「エネルギー価格による消費者物価の上昇で、2%を安定的に達したとは言えない」とし、現行の金融緩和を続けることを再度表明したため、一時ドル買い・円売りが優勢となったが、米国経済の大幅な減速に対する警戒感が高まったことから、米長期債利回りの低下に伴うドル売りが広がった。ドルの上値は再び重くなり、ドル・円は127円95銭でこの週の取引を終えた。ドル・円の取引レンジ:127円03銭−129円78銭。

【来週の見通し】
■伸び悩みか、4月米PCEコア価格指数などが手掛かり材料に

来週のドル・円は伸び悩みか。米連邦準備制度理事会(FRB)は金融正常化の方針を維持している。パウエルFRB議長はインフレ抑止を確認できるまで利上げを続ける考えを伝えており、6月と7月の連邦公開市場委員会(FOMC)の2会合で政策金利を0.50ポイントずつ引き上げるとみられている。しかしながら、過度な金融引き締めによって米国経済は大幅に減速し、景気後退に陥る可能性も浮上している。景気悪化を警戒して米国株式が一段安となった場合、リスク回避的なドル売り・円買いが再び強まるとみられる。

今後発表される経済指標が市場予想を上回った場合、FRBは金融引き締めを加速させる可能性があるため、来週発表される4月PCEコア価格指数や1-3月期国内総生産(改定値)が注目材料となる。ただ、足元の米経済指標は強弱まちまち。5月NY連銀製造業景気指数は予想外のマイナス、4月小売売上高は市場予想と一致したが、金利高の影響により住宅関連指標は悪化している。来週発表の経済指標が市場予想を下回った場合、日米金利差拡大の思惑は消えないものの、米長期金利は伸び悩み、リスク選好的なドル買い・円売りは縮小する可能性がある。

【米・1-3月期国内総生産(GDP)改定値】(26日発表予定)
26日発表の1-3月期米国内総生産(GDP)改定値は、速報値並みの水準を維持できるか注目される。上方修正された場合、金融正常化への期待感からドル売りは後退しよう。

【米・4月個人消費支出(PCEコアデフレーター)】(27日発表予定)
27日発表の米4月PCEコア価格指数が市場予想を上回った場合、FRBの一段の金融引き締めを後押しする要因となり、金利高・ドル高の要因に。

予想レンジ:126円50銭−129円00銭



《FA》

記事一覧

  • 2022/07/02 17:49:来週の相場で注目すべき3つのポイント:米ISM非製造業、米雇用統計、安川電機決算など
  • 2022/07/02 14:38:為替週間見通し:底堅い値動きか、日米金融政策の差異を意識してドル買い継続の可能性
  • 2022/07/02 14:37:国内外の注目経済指標:6月米雇用統計で失業率は横ばいの予想
  • 2022/07/02 14:36:ユーロ週間見通し:もみ合いか、インフレ関連指標が手掛かり材料に
  • 2022/07/02 14:35:豪ドル週間見通し:もみ合いか、0.50ポイント追加利上げの可能性残る
  • 2022/07/02 14:34:英ポンド週間見通し:下げ渋りか、英金融政策の今後を見極める展開
  • 2022/07/02 14:18:国内株式市場見通し:需給悪化のなか指標発表も多く神経質な展開
  • 2022/07/02 14:17:新興市場見通し:1カ月ぶりの金利低水準、幕間つなぎで新興株にスポットライト?IPOは1社
  • 2022/07/02 14:16:米国株式市場見通し:6月雇用統計やFOMC議事要旨に注目
  • 2022/07/02 11:00:もちこ@株初心者:変わりつつある流れを掴む!今注目のディフェンシブ銘柄【FISCOソーシャルレポーター】
  • 2022/07/02 10:30:個人投資家Rょーへー:6月相場は明と暗がくっきりと【FISCOソーシャルレポーター】
  • 2022/07/02 10:00:個人投資家・有限亭玉介:下値を切り上げる強い銘柄を狙って勝利を目指す【FISCOソーシャルレポーター】
  • 2022/07/02 09:19:1日のNY市場は反発
  • 2022/07/02 09:17:米国株式市場は反発、金利低下が支援要因(1日)
  • 2022/07/02 09:12:NY株式:米国株式市場は反発、金利低下が支援要因
  • 2022/07/02 07:32:前日に動いた銘柄 part2 コーアツ工業、ホーブ、ウエストHDなど
  • 2022/07/02 07:15:前日に動いた銘柄 part1 しまむら、アディッシュ、ウェザーニューズなど
  • 2022/07/02 07:14:NY金:弱含み、一時1783.40ドルまで下落(訂正)
  • 2022/07/02 07:10:NY金:弱含み、一時1783.40ドルまで下落
  • 2022/07/02 07:07:NY原油:反発、世界経済の減速予想を背景とする売りは一巡
  • ■投資ニュース

  • 2022/07/02 17:49:来週の相場で注目すべき3つのポイント:米ISM非製造業、米雇用統計、安川電機決算など
  • 「ディープバリュー投資」ランキング (06/23更新)

    バックナンバー

    ディープバリュー投資入門

    1. ディープバリュー投資入門
    2. 実践 ディープバリュー投資
    3.
    とびきり良い会社をほどよい価格で買う方法
    4. バリュー投資アイデアマニュアル
    5. みきまるの続【書籍版】株式投資本オールタイムベスト


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (27MB)
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。