携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 5月20日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2022/01/27 12:22, 提供元: フィスコ

後場に注目すべき3つのポイント〜米金融引き締め懸念はむしろ強まった

*12:22JST 後場に注目すべき3つのポイント〜米金融引き締め懸念はむしろ強まった
27日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は大幅に3日続落、米金融引き締め懸念はむしろ強まった
・ドル・円は反落、日本株の大幅安で
・値下がり寄与トップはソフトバンクG<9984>、同2位が東エレク<8035>

■日経平均は大幅に3日続落、米金融引き締め懸念はむしろ強まった

日経平均は大幅に3日続落。690.00円安の26321.33円(出来高概算6億8000万株)で前場の取引を終えている。

26日の米株式市場でNYダウは続落し、129ドル安となった。連邦公開市場委員会(FOMC)後のパウエル連邦準備理事会(FRB)議長の会見は、3月以降全ての会合での利上げを否定せず、また利上げ実施後の量的引き締め(QT)の方針も示すなど、タカ派的な内容と受け止められた。短期の年限を中心に金利が急上昇し、会見前には大幅上昇する場面もあったNYダウは急速に伸び悩んだ。ナスダック総合指数は+0.02%と小幅に上昇。一方、本日の日経平均はFOMC通過による買い戻し、それに日本電産<6594>やファナック<6954>の決算を好感した買いが先行し、128円高からスタートした。しかし、米金融引き締めへの警戒感が一段と強まったことで値がさグロース(成長)株を中心に売りが広がり、前引けにかけて26305.51円(705.82円安)まで下落する場面もあった。

個別では、売買代金上位のレーザーテック<6920>とソニーG<6758>が6%前後、ソフトバンクG<9984>が8%超の大幅下落。前述の日本電産は寄り付きをこの日の高値に失速し、4%超の下落で前場を折り返した。その他売買代金上位も東エレク<8035>、郵船<9101>、トヨタ自<7203>など軒並み軟調。決算発表銘柄では日東電<6988>なども売りがかさんでおり、サイバー<4751>は東証1部下落率上位に顔を出している。一方、前述のファナックが伸び悩みながらも3%の上昇で前場を折り返し、ガビロン穀物事業の売却が評価された丸紅<8002>も3%近く上昇している。決算発表銘柄ではキヤノンMJ<8060>が急伸。また、業績・配当予想を上方修正したクロスキャット<2307>が東証1部上昇率トップとなっている。

セクターでは、精密機器、サービス業、情報・通信業などが下落率上位で、その他も全般軟調。鉱業、保険業の2業種のみ上昇した。東証1部の値下がり銘柄は全体の90%、対して値上がり銘柄は7%となっている。

FOMC通過後の日経平均はあく抜け期待に反し、大幅な下落を強いられる展開となっている。取引時間中としては2020年11月26日以来の安値を付ける場面もあった。米金利上昇を受けて値がさグロース株の下げがきつく、東証1部下落率上位には中小型グロース株が多くランクインしている。米金融引き締めによる景気悪化が懸念されているのだろうが、景気敏感株もグロース株ほどではないにしろ軟調。日経平均の-2.55%に対し、東証株価指数(TOPIX)は-1.98%となっている。日本電産の大幅下落やファナックの伸び悩みを見ると、今後の企業決算に対する株価反応にも警戒せざるを得ないか。ここまでの東証1部売買代金は1兆7000億円あまりと、値幅の大きさに伴いかなり膨らんでいる。

新興市場ではマザーズ指数が-5.78%と大幅反落。こちらも取引時間中としてはコロナショック直後の2020年4月24日以来の安値を付けている。東証1部市場と同様、中小型グロース株への逆風が一段と強まり、メルカリ<4385>を中心に主力IT株は軒並み軟調。前日にマクアケ<4479>が決算を受けてストップ安まで売り込まれたのが意識されてか、本日決算発表が控えている弁護士コム<6027>は一時ストップ安を付けている。従前指摘していたとおり、メルカリなど人気のマザーズ銘柄では信用買いを膨らませて押し目を拾う動きが見られていた。そうした銘柄もここにきて一段安を強いられ、個人投資家のダメージはかなり大きいとみておいた方がよいだろう。

さて、FOMC後のパウエルFRB議長の会見は、3月以降全ての会合での利上げを否定しなかった、また利上げ実施後の量的引き締め(QT)の方針が示された、などの点で想定よりタカ派的と受け止める市場関係者が多かったようだ。また、明確な言質も与えなかったことで金融政策の不確実性が高まったとの指摘があり、更なる引き締め加速への懸念はむしろ強まった感がある。

やはりと言うべきか、米債券市場では3月FOMCでの0.25pt以上の利上げを織り込む動きが強まり、2年物国債利回りが1.15%(+0.13pt)に急上昇。10年物も1.86%(+0.09pt)に上昇した。原油先物相場(ウエスト・テキサス・インターミディエート、WTI3月物)は地政学リスクの高まりから1バレル=87.35ドル(+1.75ドル)に上昇したが、期待インフレ率の指標とされる10年物ブレークイーブン・インフレ率(BEI)は2.38%(-0.03pt)に低下している。

その割にNYダウは129ドル安にとどまり、「事前に持ち高削減の売りはかなり出た」との見方を強める市場参加者もいたようだが、むしろ戻りが鈍かったと受け止めるべきだろう。実際、NYダウ先物は時間外取引で下落している。直近では景気減速懸念から景気敏感株にも売り持ちを増やす動きが見られたが、FOMC直前のウクライナ情勢を巡る相場乱高下の際にこれらの買い戻しを先食いしてしまった感がある。

これらの結果、金融引き締めを意識してグロース株を中心に持ち高縮小の動きが続くだろう。もちろん日本株もそれと無縁ではいられない。前引けのTOPIX下落率がぎりぎり2%に届かず、日銀による上場投資信託(ETF)買い入れ実施が見込みづらいことから、後場の日経平均も不安定な展開になるとみておきたい。なお、本日は日本で信越化<4063>、キヤノン<7751>、富士通<6702>などの決算、米国で昨年10-12月期国内総生産(GDP)や12月耐久財受注、アップルなどの決算が発表される。企業業績や米経済指標も注視しておく必要があるだろう。

■ドル・円は反落、日本株の大幅安で

27日午前の東京市場でドル・円は一時114円後半に浮上したが、その後114円半ばに失速した。米連邦公開市場委員会(FOMC)での金融正常化に向けた積極姿勢で米金利が上昇し、序盤はドル買い先行。ただ、高寄りの日経平均株価が大幅安に転じ、円買いがドルを下押しした。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は114円48銭から114円79銭、ユーロ・円は128円54銭から129円02銭、ユーロ・ドルは1.1226ドルから1.1243ドル。

■後場のチェック銘柄

・アミタホールディングス<2195>、日本テレホン<9425>の、2銘柄がストップ高

※一時ストップ高(気配値)を含みます

・値下がり寄与トップはソフトバンクG<9984>、同2位が東エレク<8035>

■経済指標・要人発言

【経済指標】

・NZ・10-12月期消費者物価指数:前年比+5.9%(予想:+5.7%、7-9月期:+4.9%)

【要人発言】

・パウエルFRB議長
「インフレはFRBの目標を大幅に上回る」
「各FOMCでの利上げの可能性も除外しない」

<国内>
特になし

<海外>
特になし




《CS》

記事一覧

  • 2022/05/23 15:04:グローブライド---22年3月期は2ケタ増収増益、全地域での増収増益を達成
  • 2022/05/23 15:02:日経平均大引け:前週末比262.49円高の27001.52円
  • 2022/05/23 14:55:日本瓦斯---反発、エネルギーソリューション展開の新興企業と資本提携
  • 2022/05/23 14:47:東京為替:ドル・円は値を戻す展開、クロス円がけん引
  • 2022/05/23 14:47:日経平均は197円高、中国・北京の新型コロナ感染拡大も警戒材料に
  • 2022/05/23 14:45:出来高変化率ランキング(14時台)〜細谷火工、高配当50がランクイン
  • 2022/05/23 14:38:クボタ---急落、米ディアが決算発表を受けて急落
  • 2022/05/23 14:13:出来高変化率ランキング(13時台)〜ネツレン、ペルセウスなどがランクイン
  • 2022/05/23 14:01:東京為替:ドル・円は底堅い、ドル売り継続
  • 2022/05/23 13:58:城南進学研究社---22年3月期増収、教育事業・スポーツ事業ともに新型コロナウイルス感染症の影響から順調に回復
  • 2022/05/23 13:55:テリロジー---テリロジーサービスウェアの「みえる通訳」を日光市役所が導入
  • 2022/05/23 13:54:米国株見通し:上げ渋りか、リセッション懸念で売り再開も
  • 2022/05/23 13:52:ソフィア・ホールディングス---資本準備金、利益準備金の額及び資本金の額の減少並びにその他資本剰余金の処分
  • 2022/05/23 13:50:日経平均VIは上昇、株価堅調だが警戒感払しょくできず
  • 2022/05/23 13:51:ディア・ライフ---東京都杉並区と世田谷区に収益不動産3件を取得
  • 2022/05/23 13:49:OLC---急伸、政府が水際対策の緩和策を発表
  • 2022/05/23 13:45:アイ・エス・ビー---NTT西日本のオープンイノベーション施設で「ALLIGATE Logger」を導入
  • 2022/05/23 13:39:エネチェンジ---反落、米原ゴルフ倶楽部にEV充電サービスの充電器設置
  • 2022/05/23 13:31:東京為替:ドル・円は変わらず、材料難で動意薄
  • 2022/05/23 13:28:ミスミG---反落、4月の月次売上高は2カ月連続でマイナス成長
  • ■投資ニュース

  • 2022/05/23 15:04:グローブライド---22年3月期は2ケタ増収増益、全地域での増収増益を達成
  • 「ハイテク株」ランキング (04/26更新)

    バックナンバー

    トレーダーズ・アルマナック

    1. トレーダーズ・アルマナック
    2. 新版 バリュー投資入門
    3.
    ティリングハストの株式投資の原則
    4. オニールの相場師養成講座
    5. トレードの教典


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (27MB)
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。