携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 1月18日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

カレンダー New!
セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2022/01/15 14:56, 提供元: フィスコ

新興市場見通し:米実質金利の上昇でマザーズ逆風続く、2月IPOはBBへ

*14:56JST 新興市場見通し:米実質金利の上昇でマザーズ逆風続く、2月IPOはBBへ
今週の新興市場では、マザーズ指数の下落が続いた。週末の1月14日には終値ベースで2020年5月15日以来の安値を付けている。週半ばにかけて米長期金利が伸び悩み、グロース(成長)株の反発に伴いマザーズ指数も800pt台後半で下げ渋る場面があった。しかし、週後半になると米連邦準備理事会(FRB)による金融引き締めへの警戒感から再びグロース株が売られ、マザーズ指数は一段安の展開となった。時価総額上位の主力IT株の下落が大きく、マザーズ指数を下押しした。なお、週間の騰落率は、日経平均が-1.2%であったのに対して、マザーズ指数は-4.3%、日経ジャスダック平均は-1.0%だった。

個別では、マザーズ時価総額上位のメルカリ<4385>が週間で9.4%安、ビジョナル<4194>が同10.8%安、フリー<4478>が同13.0%安と軒並み大きく下落。売買代金上位ではFRONTEO<2158>が売りに押され、好需給で賑わっていた11〜12月上場のエフ・コード<9211>やサイエンスアーツ<4412>はきつい下げとなった。また、やはり12月上場のアジアクエスト<4261>が週間のマザーズ下落率トップとなった。一方、Green Earth Institute<9212>やアスタリスク<6522>は押し目買いが入り大幅に上昇。アーキテクツ・スタジオ・ジャパン<6085>などが上昇率上位に顔を出した。ジャスダック主力では日本マクドナルドHD<2702>が同2.8%安、ワークマン<7564>が同5.6%安、東映アニメーション<4816>が同9.2%安と軟調。売買代金上位ではフェローテックHD<6890>や出前館<2484>が売り優勢だった。また、ウエストHD<1407>は決算が嫌気され、週間のジャスダック下落率トップとなった。一方、ハーモニック・ドライブ・システムズ<6324>は同6.6%高と堅調。シーズメン<3083>などは大幅高となり、RIZAPグループ<2928>によるスクイーズアウト(株式の強制買い取り)を発表したREXT<7697>は上昇率トップとなった。

来週の新興市場では、新興IT株中心のマザーズにとって厳しい環境が続きそうだ。今週末の米国市場ではハイテク株に押し目買いが入る一方、金利は幅広い年限で上昇した。FRBがインフレ抑制のため金融引き締めへ傾く姿勢を鮮明にしているだけに、名目金利から期待インフレ率を差し引いた実質金利の上昇は続くとみられる。これは新興IT株のような高バリュエーション銘柄の割高感を強めるだけでなく、信用買い残の多いマザーズ銘柄ではレバレッジ縮小によるマイナス影響も大きいだろう。

市場環境こそ厳しいが業績好調な新興企業は少なくなく、今週末発表された決算でもEnjin<7370>やグッドパッチ<7351>が好感されているようだ。しかし、決算に対する新興株の反応を見ると、高バリュエーションが許容されるためのハードルは非常に高い印象を受ける。今月下旬からの10-12月期決算発表でも注意する必要がありそうだ。また、12月上場のHYUGA PRIMARY CARE<7133>は早々に一部証券会社の投資判断付与が観測されている。

IPO関連では、Recovery International<9214>を皮切りに2月上旬の上場案件が順次ブックビルディング(BB)期間に入る。件数こそ多くないが、新興株への逆風が強まっているさなかとあって、仮条件の水準や需給状況を注視しておきたい。なお、今週はエッジテクノロジー<4268>(2月17日、マザーズ)の新規上場が発表されている。



《FA》

記事一覧

  • 2022/01/18 13:51:日経平均VIは上昇、午後は警戒感広がる
  • 2022/01/18 13:48:チノー---連結子会社明陽電機の株式追加取得、取得後の所有株式数は539,900株、議決権所有割合は64.3%
  • 2022/01/18 13:42:エイジス---大幅に5日続落、12月の売上高15.1%減、臨時案件のはく落や東南アジアの都市封鎖響く
  • 2022/01/18 13:42:出来高変化率ランキング(13時台)〜シュッピン、フィルカンパニーなどがランクイン
  • 2022/01/18 13:38:ZOZO---急落、成長率加速フェーズ一巡として米系証券が格下げ
  • 2022/01/18 13:35:東京為替:ドル・円は上げ渋り、日本株はマイナスに
  • 2022/01/18 13:29:タスキ---4日ぶり反発、HEROZと不動産業界のDX化サービスの開発で協業
  • 2022/01/18 13:25:日経平均は112円高、日銀金融政策決定会合の結果発表で強弱感
  • 2022/01/18 13:22:愛三工業---急落、デンソーの出資比率見送りを弱材料視
  • 2022/01/18 13:20:JDSC---大幅に反発、RIZAPなどと合同で健康寿命延伸サービスの構築・検証開始
  • 2022/01/18 12:49:double jump.tokyo、手塚治虫作品2点のNFT販売開始を発表【フィスコ・ビットコインニュース】
  • 2022/01/18 12:47:1月11日時点のCMEのBTC先物建玉分析、中期的には4,298ドルの上押し圧力【フィスコ・ビットコインニュース】
  • 2022/01/18 13:09:東京為替:ドル・円はしっかり、円売りで一時115円台
  • 2022/01/18 13:07:キヤノン---反発、25年12月期年間配当金160円目指すとの観測報道
  • 2022/01/18 12:55:後場の日経平均は345円高でスタート、ベイカレントや三井ハイテクが上昇
  • 2022/01/18 12:39:三機サービス---2Q減収なるも、作業の効率化を進め人件費が減少
  • 2022/01/18 12:24:日経平均寄与度ランキング(前引け)〜日経平均は続伸、ファーストリテが1銘柄で約84円分押し上げ
  • 2022/01/18 12:22:クシム---12月度システムエンジニアリングサービス稼働率を発表
  • 2022/01/18 12:19:後場に注目すべき3つのポイント〜インフレ下で注目集まる日銀会合結果
  • 2022/01/18 12:15:インフレ下で注目集まる日銀会合結果
  • ■投資ニュース

  • 2022/01/18 13:51:日経平均VIは上昇、午後は警戒感広がる
  • 「バリュー投資」ランキング (12/21更新)

    バックナンバー

    バリュー投資達人への道

    1. バリュー投資達人への道
    2. 新版 バリュー投資入門
    3. ディープバリュー投資入門
    4. バリュー投資アイデアマニュアル
    5. 賢明なる投資家


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (27MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。