携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 1月24日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

カレンダー New!
セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2021/11/28 09:00, 提供元: フィスコ

2022年のドル円予想【フィスコ・コラム】

*09:00JST 2022年のドル円予想【フィスコ・コラム】
2022年のドル・円は連邦準備理事会(FRB)の金融引き締めスタンスで上昇基調に振れ、120円を目指す展開となりそうです。ただ、米中間選挙でバイデン政権の政策運営に不透明感が広がれば、終盤にかけて失速。米国株の調整もドルの下押し要因になります。


ドル・円は年初から11月下旬までの間、102円付近から115円半ばまで値を切り上げています。13円超の変動幅は過去5年間で最大。FRBの引き締めによるドル高が主要因ですが、日銀の超緩和維持や原油高の日本経済への打撃、NY株式市場の強気相場など円売りが強まったこともドル相場の上昇に寄与しました。ドル・円は2017年1月以来の高値圏に浮上し、当面の上値メドは118円に切り上げられました。


2022年もドル高・円安の基調は継続しそうです。FRBは資産買入れの段階的縮小(テーパリング)に着手しており、同年中に2回の利上げが基本シナリオとみられています。欧州中央銀行(ECB)や英中銀など主要国の中銀はFRBの後塵を拝しており、米金利高・ドル高の地合いに変わりはないでしょう。日銀が円安の日本経済への影響は限定的と容認姿勢であることも、ドルをさらに押し上げる見通しです。

想定レンジは、ここ数年の下値メドである110円から125円。来年2月に任期を迎えるパウエルFRB議長が再任、議長昇格が取りざたされたブレイナード理事は副議長就任の方向で、新体制は一見ハト派の印象を受けます。しかし、実際にはパウエル氏再任が発表されると利上げ加速の思惑が広がっています。引き締め路線は継続される見通しですし、2016年12月以来の118円台が視野に入ってきそうです。


節目の120円付近では売りが強まり、ドル高はいったん収束するかもしれません。その要因となるのが、11月の米中間選挙です。就任1期目は鬼門となり、支持率の低下に悩むバイデン政権は上下院いずれかで民主党の勢力縮小を余儀なくされるとみます。「ねじれ」の議会で政策運営は行き詰まり、米国経済の先行き不透明感からドルは一転して売り優勢に。FRBの利上げ効果も薄れ、ドルを支えきれないとみられます。


かく乱要因は、やはり新型コロナウイルスのまん延でしょう。ヨーロッパでは感染再拡大が警戒され、今後アメリカに波及し再びロックダウン(都市封鎖)など制限措置が講じられれば経済活動の抑制により景気は腰折れに。NY株式市場はここ数年の絶好調の反動もあって調整が予想されます。また、FRBも引き締めを緩めざるをえず、ドル買い・円売りの巻き戻しは避けられません。

(吉池 威)

※あくまでも筆者の個人的な見解であり、弊社の見解を代表するものではありません。



《YN》

記事一覧

  • 2022/01/24 15:35:新興市場銘柄ダイジェスト:アイドマHDは大幅に5日ぶり反落、ヒュウガプライマがストップ高
  • 2022/01/24 15:28:東京為替:ドル・円は失速、クロス円の下落で
  • 2022/01/24 15:24:三井海洋、東製鉄、芝浦など
  • 2022/01/24 15:11:CAICAD Research Memo(11):2014年3月期以降、積極的な投資継続により配当実績はなし
  • 2022/01/24 15:06:日経平均大引け:前週末比66.11円高の27588.37円
  • 2022/01/24 15:10:CAICAD Research Memo(10):暗号資産交換所「Zaif」とのシナジー創出等により成長加速を目指す
  • 2022/01/24 15:09:CAICAD Research Memo(9):積極的なM&Aが上乗せ要因となる一方、足元は外部環境等により低調に推移
  • 2022/01/24 15:08:CAICAD Research Memo(8):2022年10月期は増収増益により黒字転換を目指す
  • 2022/01/24 15:07:CAICAD Research Memo(7):新株予約権の発行による資金調達を実施
  • 2022/01/24 15:06:CAICAD Research Memo(6):市場環境の影響等を受け、「金融サービス事業」が大きく下振れ
  • 2022/01/24 15:05:CAICAD Research Memo(5):ブロックチェーン技術者集団として、高度な技術とノウハウに強みを有する
  • 2022/01/24 15:04:CAICAD Research Memo(4):システム開発業として約50年。2015年10月期より新たなスタートを切る
  • 2022/01/24 15:03:CAICAD Research Memo(3):暗号資産ビジネスの拡大に向けて、3本柱体制を確立
  • 2022/01/24 14:32:BlackRock、ブロックチェーン企業に特化したETFを申請【フィスコ・ビットコインニュース】
  • 2022/01/24 15:02:CAICAD Research Memo(2):金融機関向けシステム開発やブロックチェーン技術に強み
  • 2022/01/24 15:01:CAICAD Research Memo(1):暗号資産ビジネスの本格化により、収益基盤の早期確立に取り組む
  • 2022/01/24 14:29:ビットコイン、海外の売りポジションは増加【フィスコ・ビットコインニュース】
  • 2022/01/24 14:49:東京為替:ドル・円は伸び悩み、節目付近の売りで
  • 2022/01/24 14:46:日経平均は28円高、後場の値幅はここまで237円程度
  • 2022/01/24 14:46:Abalance---群馬県の花畑太陽光発電所、全区画フル稼働
  • ■投資ニュース

  • 2022/01/24 15:35:新興市場銘柄ダイジェスト:アイドマHDは大幅に5日ぶり反落、ヒュウガプライマがストップ高
  • 「アノマリー」ランキング (01/19更新)

    バックナンバー

    投資アノマリーカレンダー2022

    1. 投資アノマリーカレンダー2022
    2. 為替手帳 2022 [ブラック]
    3. 1日わずか30分間の作業ですむ株式自動売買戦略
    4. トレーダーズ・アルマナック
    5. アノマリー投資 市場のサイクルは永遠なり


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (27MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。