携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 5月29日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2020/05/23 15:13, 提供元: フィスコ

新興市場見通し:マザーズ上昇ピッチ速め1年ぶり高値、IPO再開も

*15:13JST 新興市場見通し:マザーズ上昇ピッチ速め1年ぶり高値、IPO再開も
先週の新興市場では、マザーズ指数が再び上昇ピッチを速めた。日経平均は国内外での経済活動再開への期待を支えに緩やかな上昇基調を維持。とはいえ米中対立などの懸念材料を抱え上値もやや重く、個人投資家を中心に中小型株への物色シフトを強めたとみられる。アンジェス<4563>がリバウンドを見せ、成長期待の高い銘柄も軒並み大きく値を上げた。なお、週間の騰落率は、日経平均が+1.8%であったのに対して、マザーズ指数は+10.4%、日経ジャスダック平均は+2.9%だった。マザーズ指数は5月21日まで5営業日続伸し、終値としては昨年5月8日以来の高値を付けた。

個別では、前述のアンジェスが週間で24.6%高となり、再びマザーズ時価総額3位まで浮上してきた。新型コロナウイルスのワクチン開発を巡るリリースが相次ぎ、材料視された。時価総額トップのメルカリ<4385>は同4.0%高となり、フリー<4478>が同12.9%高、ラクス<3923>が同20.5%高と大きく上昇。売買代金上位ではアンジェスとともにNexTone<7094>などが賑わい、BASE<4477>は決算が好感されて大幅高となった。また、アイ・ピー・エス<4390>が週間のマザーズ上昇率トップだった。一方、今期も2ケタ減収減益が続く見通しのミクシィ<2121>が同10.7%安となり、フィンテック グローバル<8789>などが下落率上位に顔を出した。ジャスダック主力ではワークマン<7564>が同5.0%高、ハーモニック・ドライブ・システムズ<6324>が同9.2%高と堅調。ハーモニックは受注の改善傾向が続き、好感された。また、テラ<2191>が新型コロナ治療を巡る期待から大商いとなり、週間の売買代金、上昇率ともジャスダックでトップとなった。一方、セリア<2782>は同1.6%安。直近の決算を受けて、先行きに対しやや厳しい見方が多く出ていた。また、オンキヨー<6628>などが下落率上位に顔を出した。

今週の新興市場では、個人投資家を中心とした中小型株の循環物色が続きそうだ。マザーズ指数は3月に付けた年初来安値527.30pt(取引時間中)から先週末の高値936.89pt(同)まで2カ月あまりで400pt以上上昇。ここまでけん引役となってきた銘柄は高値警戒感が出てきそうな株価水準となっている。しかし、個人投資家には主力大型株の手掛けづらさが意識され、低金利環境の長期化観測や新型コロナによる社会変化など追い風に新興成長株へ資金が向かう構図はまだ崩れそうにない。

緊急事態宣言が段階的に解除され、企業活動が正常化に向かうとともに、Sansan<4443>やギフティ<4449>などが出遅れを取り戻す展開も見込まれる。なお、今週は5月25日にジーンテクノサイエンス<4584>、27日にポート<7047>、29日にザインエレクトロニクス<6769>、プレシジョン・システム・サイエンス<7707>(PSS)などが決算発表を予定している。ポートの前期業績は第3四半期まで順調に推移しており、通期の着地が期待されるか。PSSは新型コロナ対応を巡り直近賑わう場面があったが、改めて業績動向が注目されるだろう。

IPO関連では、ロコガイド<4497>(6月24日、マザーズ)、フィーチャ<4052>(6月24日、マザーズ)、コマースOneHD<4496>(6月26日、マザーズ)と3社の新規上場が発表されている。4月6日上場の松屋アールアンドディ<7317>以来のIPOであり、今後の動向が注目されそうだ。



《FA》

記事一覧

  • 2020/05/31 10:00:個人投資家・有限亭玉介:ウィズコロナの世界で注目中の銘柄群【FISCOソーシャルレポーター】
  • 2020/05/31 09:00:哀愁漂う「社会の公器」【フィスコ・コラム】
  • 2020/05/30 18:10:来週の相場で注目すべき3つのポイント:米中対立、コロナ2次感染状況、メジャーSQ
  • 2020/05/30 14:49:新興市場見通し:マザーズ上昇継続で1000pt視野に、IPOも続々発表
  • 2020/05/30 14:47:国内株式市場見通し:日経平均はSQ、金融イベントにらみもみあいへ
  • 2020/05/30 14:46:米国株式市場見通し:景気底入れ期待もリスク要因残る
  • 2020/05/30 14:44:為替週間見通し:ドルは上げ渋りか、米失業率の大幅上昇を警戒
  • 2020/05/30 14:35:欧米の注目経済指標:5月米失業率は20%に迫る可能性
  • 2020/05/30 14:34:ユーロ週間見通し:底堅い値動きか、EU支援策への期待持続
  • 2020/05/30 14:33:豪ドル週間見通し:底堅い展開か、中銀理事会や1-3月期GDPの発表に注目
  • 2020/05/30 14:32:英ポンド週間見通し:伸び悩みか、EUとの通商協議は難航との見方
  • 2020/05/30 10:00:個人投資家・有限亭玉介:緊急事態宣言後の世界で注目中の銘柄群【FISCOソーシャルレポーター】
  • 2020/05/30 08:53:29日のNY市場はまちまち
  • 2020/05/30 08:50:米国株はまちまち、米中貿易協定続行で安心感(29日)
  • 2020/05/30 08:39:NY株式:米国株はまちまち、米中貿易協定続行で安心感
  • 2020/05/30 07:32:前日に動いた銘柄 part2 高田工業所、プレシジョン・システム・サイエンス、弁護士ドットコムなど
  • 2020/05/30 07:15:前日に動いた銘柄 part1 TOWA、大幸薬品、凸版印刷など
  • 2020/05/30 06:47:NY為替:ドル強含み、米中貿易協定の続行を好感
  • 2020/05/30 06:41:NY金:上昇、米中関係の悪化を警戒した買いが入る
  • 2020/05/30 06:39:NY原油:続伸、米中対立継続も通商合意は存続との見方が広がる
  • ■投資ニュース

  • 2020/05/31 10:00:個人投資家・有限亭玉介:ウィズコロナの世界で注目中の銘柄群【FISCOソーシャルレポーター】
  • 史上初のマイナス価格「原油」ランキング (05/12更新)

    バックナンバー

    DVD 石原順のメルマガ マーケットの極意

    1. 石原順のメルマガ マーケットの極意
    2. 米国商品情報を活用して待ち伏せする “先取り”株式投資術
    3. フォーキャスト2020
    4. インベスターズハンドブック 株式手帳 2020 [茶]
    5. ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (27MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。