携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 5月25日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2020/04/04 19:52, 提供元: フィスコ

来週の相場で注目すべき3つのポイント:ファーストリテなど決算、二番底模索、企業倒産件数

*19:52JST 来週の相場で注目すべき3つのポイント:ファーストリテなど決算、二番底模索、企業倒産件数
■株式相場見通し

予想レンジ:上限18500-下限17000円

来週の日経平均は、引き続き下値を探る展開となりそうだ。スペインなど欧州の一部では新型コロナの感染ペース鈍化が見られ始めたものの、現在の焦点は米国の感染拡大であり、国内では非常事態宣言やロックダウン実施への懸念がくすぶり、リスク回避姿勢の継続が予想される。引き続き、新型コロナを巡るニュースフローで下振れしやすい地合いとなるだろう。政府は現状で否定しているが、非常事態宣言とロックダウンが同時発表される可能性もあり、その発表を受けて株式市場が短期的なあく抜けと捉えるか、二番底を探りに行くきっかけとなるかの分岐点となる。また、5月半ばまでは新型コロナの影響が反映された経済指標と企業決算の発表が国内外とも続き、かなり厳しい結果に直面することになる。個別企業では、9日にローソン<2651>とセブン&アイHD<3382>の2020年2月期決算、日経平均への寄与度が大きいファーストリテイリング<9983>の今上期(19年9月?20年2月)決算と3月の国内ユニクロ売上推移速報がそれぞれ発表される。企業の今期業績予想については、控えめに抑えたものやレンジ型(上限と下限を示して幅を持たせる)、さらに予想自体の発表見送りも想定される。決算発表ではネガティブ感を株価が吸収できるかが焦点となってくる。一方で、日経平均は前週に週間ベースで1500円超、4月に入って3日までで1000円強の下げとなっていることから、短期的なリバウンドが生じる可能性もある。現状は3月最終週のリバウンド一巡から再反落の形となっており、これを打ち消すには18300円台に低下してきている5日移動平均線水準を回復することが第一条件となる。これを回復できない間は下げ途中のあや戻しとみておくべきだろう。物色的には、新型コロナワクチン・感染症薬開発、テレワーク、遠隔医療、人工呼吸器、巣ごもり消費といったテーマでの循環物色が見込まれる。
主な国内経済関連スケジュールは、6日に3月消費動向調査、7日に2月毎月勤労統計調査、2月家計調査、2月景気動向指数、8日に2月機械受注、2月国際収支、3月景気ウォッチャー調査、19年度と3月の企業倒産、9日に3月都心オフィス空室率、3月消費動向調査、3月工作機械受注、4月の地域経済報告(さくらリポート)、10日に3月国内企業物価指数がそれぞれ発表される。一方、米国など海外主要スケジュールは、7日に米2月消費者信用残高、9日に米3月生産者物価、米4月ミシガン大学消費者マインド指数、10日に中国3月消費者物価・生産者物価、米3月消費者物価、グッドフライデー(聖金曜日)で米英など休場、が予定されている。


■為替市場見通し

来週のドル・円はもみ合いか。米国内での新型コロナウイルス感染はピークを迎えつつあるとみられており、感染の被害状況をにらみながらの為替取引となりそうだ。米国経済縮小への懸念が強まることによって日米の株安につながり、一時的にユーロ、日本円に対するドル買いがやや強まる可能性がある。
トランプ大統領は4月12日までのビジネス再開を目指していたようだが、ウイルス感染被害がさらに拡大するとの理由で外出自粛措置などの期間を延長した。ただし、米国内でのウイルス感染による死者は大幅に増加する可能性が高いとみられており、ドル買いが長続きするとの見方は少ないようだ。ウイルス蔓延の影響が経済指標にも徐々に表れている。特に雇用関連指標は景気後退(リセッション)入りを思わせる極めて低調な内容が続くとみられる。
トランプ政権は2兆ドル規模の大型経済対策を成立させたほか、連邦準備制度理事会(FRB)は無制限量的緩和やドル資金供給などさまざまな政策を繰り出し、金融市場の混乱をできるだけ抑えようとしている。ただ、ウイルス感染被害の拡大ペースに追い付かず、経済支援策の効果は長続きしない可能性もある。なお、4月10日は聖金曜日の祝日となり、欧米諸国の金融市場はおおむね休場となる。


■来週の注目スケジュール

4月6日(月):印・サービス業PMI、独・製造業受注、米・連邦準備制度理事会(FRB)のストレステスト(健全性審査)、資本配分計画の提出期限など
4月7日(火):日・実質賃金総額・家計支出・外貨準備高・景気一致指数、豪・貿易収支・豪中銀が政策金利発表、独・鉱工業生産指数、中・外貨準備高など
4月8日(水):日・貿易収支・コア機械受注・倒産件数・景気ウォッチャー調査、スイス・失業率、米FOMC議事要旨公表など
4月9日(木):日・東京オフィス空室率・消費者態度指数・工作機械受注、独・貿易収支、英・鉱工業生産指数・商品貿易収支、印・鉱工業生産、加・失業率、米・卸売在庫、韓国中銀が政策金利発表など
4月10日(金):日・国内企業物価指数、中・消費者物価指数・生産者物価指数、トルコ・失業率、米・消費者物価コア指数、米・独・仏・英・印・豪・加・NZ・香港・ブ・南ア・スイス・伊・株式市場は祝日のため休場(聖金曜日)など
4月12日(日):復活祭(イースター)


《SK》

記事一覧

  • 2020/05/25 20:01:欧州為替:ドル・円は107円68銭から107円75銭で推移
  • 2020/05/25 19:04:欧州為替:ドル・円は107円71銭から107円75銭で小動き
  • 2020/05/25 18:15:日経平均テクニカル:3日ぶり急反発、陽の丸坊主もRSIは過熱感薄い
  • 2020/05/25 18:10:欧州為替:ドル・円は小動き、ドル売り・円売りの流れ
  • 2020/05/25 18:00:25日の香港市場概況:ハンセン0.1%高で4日ぶり反発、香港交易所6.2%上昇
  • 2020/05/25 17:54:JASDAQ平均は7日続伸、経済活動の再開期待からマインド上向く
  • 2020/05/25 17:35:25日の日本国債市場概況:債券先物は152円33銭で終了
  • 2020/05/25 17:35:
  • 2020/05/25 17:25:欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、香港情勢にらみも日本の緊急事態解除を好感
  • 2020/05/25 17:22:米国株見通し:25日は「メモリアルデー」祝日で休場
  • 2020/05/25 17:17:日本コンピュータ・ダイナミクス---20年3月期は増収、システム開発事業が順調に推移
  • 2020/05/25 17:17:新興市場銘柄ダイジェスト:フォーバルRSは大幅に反発、チエルがストップ高
  • 2020/05/25 17:09:東京為替:ドル・円は上げ渋り、上昇一服後も底堅さ
  • 2020/05/25 16:57:日経平均は3日ぶり反発、緊急事態宣言の解除見通しで、米休場で売買低調(訂正)
  • 2020/05/25 16:49:25日の中国本土市場概況:上海総合0.2%高で4日ぶり反発、食品飲料セクターに買い
  • 2020/05/25 16:25:日経平均寄与度ランキング(大引け)〜日経平均は3日ぶり反発、ファーストリテとリクルートHDの2銘柄で約79円押し上げ
  • 2020/05/25 16:21:富士フイルム、カシオ計、ヤマトHDなど
  • 2020/05/25 16:21:日経VI:低下、追加経済対策などでリスクセンチメント改善
  • 2020/05/25 16:15:東京金概況:下落、経済活動再開や追加経済対策への期待から市場心理改善
  • 2020/05/25 16:11:東証業種別ランキング:空運業が上昇率トップ
  • ■投資ニュース

  • 2020/05/25 20:01:欧州為替:ドル・円は107円68銭から107円75銭で推移
  • 史上初のマイナス価格「原油」ランキング (05/12更新)

    バックナンバー

    DVD 石原順のメルマガ マーケットの極意

    1. 石原順のメルマガ マーケットの極意
    2. 米国商品情報を活用して待ち伏せする “先取り”株式投資術
    3. フォーキャスト2020
    4. インベスターズハンドブック 株式手帳 2020 [茶]
    5. ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (27MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。