携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 5月25日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2020/04/04 15:22, 提供元: フィスコ

為替週間見通し:ドル・円はもみ合いか、米国での感染被害拡大への懸念残る

*15:22JST 為替週間見通し:ドル・円はもみ合いか、米国での感染被害拡大への懸念残る
【先週の概況】
■原油価格の大幅反発でドル買い強まる

先週のドル・円は強含み。米国政府による過去最大規模の経済救済策が成立したものの、新型コロナウイルスの感染拡大によって2020年の世界経済はマイナス成長に陥るとの見方が広がっており、リスク回避のドル売り・円買いが一時優勢となった。4月1日発表の3月ADP雇用統計は2017年9月以来となる雇用減少を記録したことから、ドル・円は106円92銭まで下落した。米国内におけるウイルス感染が今後2週間で一段と深刻化する可能性が指摘されたこともドル売り材料となった。しかしながら、トランプ米大統領がロシアとサウジアラビアの減産を示唆し、原油先物は急反発したことを受けて、リスク回避的なドル売り・円買いは一服した。

3日のニューヨーク外為市場でドル・円は、108円68銭まで買われた後に108円19銭まで下落した。この日発表された3月の非農業部門雇用者数は前月比70.1万人減少し、失業率は4.4%まで上昇したことから、リスク回避のドル売りが優勢となった。しかしながら、ロシアとサウジアラビアは大規模な減産で協調する姿勢を示しており、原油先物は一段高となったことから、ドル売りは一段落。108円55銭でこの週の取引を終えた。先週のドル・円の取引レンジは106円92銭から108円73銭となった。ドル・円の取引レンジ:106円92銭−108円73銭。

【今週の見通し】
■ドル・円はもみ合いか、米国での感染被害拡大への懸念残る

今週のドル・円はもみ合いか。米国内での新型コロナウイルス感染がピークを迎えつつあるとみられており、感染の被害状況をにらみながらの為替取引となりそうだ。米国経済縮小への懸念が強まることによって日米の株安につながり、一時的にユーロ、日本円に対するドル買いがやや強まる可能性がある。

トランプ大統領は4月12日の復活祭までのビジネス再開を目指していたが、ウイルス感染被害がさらに拡大するとの理由で外出自粛措置などの政策を延長した。ただし、米国内でのウイルス感染による死者は大幅に増加する可能性が高いとみられており、ドル買いが長続きするとの見方は少ないようだ。ウイルス蔓延の影響が経済指標にも徐々に表れている。特に雇用関連指標は景気後退(リセッション)入りを思わせる極めて低調な内容が続くとみられる。

トランプ政権は2兆ドル規模の大型経済対策を成立させたほか、連邦準備制度理事会(FRB)は無制限量的緩和やドル資金供給などさまざまな政策を繰り出し、金融市場の混乱をできるだけ抑えようとしている。ただ、ウイルス感染被害の拡大ペースに追い付かず、経済支援策の効果は長続きしない可能性もある。なお、4月10日は聖金曜日の祝日となり、欧米諸国の金融市場はおおむね休場となる。

【米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨】(8日公表予定)
米FRBは実質ゼロ金利政策に踏み切った。その後、無制限の量的緩和(QE)も決めているが、さらなる金融緩和を模索していることが確認された場合、株式市場は好感する可能性がある。

【米・3月消費者物価指数(CPI)】(10日発表予定)
10日発表の3月消費者物価指数(CPI)は、前年比+1.6%、コア指数は同比+2.3%といずれも2月から鈍化する見通し。人口の多い地域の封鎖などが消費にどのような影響を与えているか注目される。

予想レンジ:106円50銭−110円00銭



《FA》

記事一覧

  • 2020/05/25 16:25:日経平均寄与度ランキング(大引け)〜日経平均は3日ぶり反発、ファーストリテとリクルートHDの2銘柄で約79円押し上げ
  • 2020/05/25 16:21:富士フイルム、カシオ計、ヤマトHDなど
  • 2020/05/25 16:21:日経VI:低下、追加経済対策などでリスクセンチメント改善
  • 2020/05/25 16:15:東京金概況:下落、経済活動再開や追加経済対策への期待から市場心理改善
  • 2020/05/25 16:11:東証業種別ランキング:空運業が上昇率トップ
  • 2020/05/25 16:09:マザーズ指数は年初来高値更新、アンジェス中心に主力は全般堅調
  • 2020/05/25 16:09:経済活動再開への期待から終日強含み展開が続く【クロージング】
  • 2020/05/25 16:00:東京為替:ドル・円はこう着、ユーロ・ドルは売り継続
  • 2020/05/25 16:00:日経平均は3日ぶり反発、緊急事態宣言の解除見通しで、米休場で売買低調
  • 2020/05/25 15:46:マザーズ先物概況:国内経済の再開期待で大幅反発
  • 2020/05/25 15:36:Eワラント:売れ筋・値上がりランキング(大引け)
  • 2020/05/25 15:23:米中どちらに軍配?WHO総会で習近平スピーチ、トランプ警告書簡(2)【中国問題グローバル研究所】
  • 2020/05/25 15:22:米中どちらに軍配?WHO総会で習近平スピーチ、トランプ警告書簡(1)【中国問題グローバル研究所】
  • 2020/05/25 15:14:東京為替:ドル・円は底堅い、ユーロ・ドルは一段安
  • 2020/05/25 15:04:日経平均大引け:前週末比353.49円高の20741.65円
  • 2020/05/25 15:02:出来高変化率ランキング(14時台)〜モルフォ、Ubicomなどがランクイン
  • 2020/05/25 14:46:キュービーネットHD---急伸、今後の選好度の高まりなど見据えて国内証券は格上げ
  • 2020/05/25 14:42:東京為替:ドル・円は小動き、上海総合指数は反転
  • 2020/05/25 14:31:博報堂DY---急伸、前期業績下振れや4月の低調スタートも想定線との見方に
  • 2020/05/25 14:07:出来高変化率ランキング(13時台)〜アズジェント、コックスなどがランクイン
  • ■投資ニュース

  • 2020/05/25 16:25:日経平均寄与度ランキング(大引け)〜日経平均は3日ぶり反発、ファーストリテとリクルートHDの2銘柄で約79円押し上げ
  • 史上初のマイナス価格「原油」ランキング (05/12更新)

    バックナンバー

    DVD 石原順のメルマガ マーケットの極意

    1. 石原順のメルマガ マーケットの極意
    2. 米国商品情報を活用して待ち伏せする “先取り”株式投資術
    3. フォーキャスト2020
    4. インベスターズハンドブック 株式手帳 2020 [茶]
    5. ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (27MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。