携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 4月6日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2020/02/22 16:28, 提供元: フィスコ

新興市場見通し:ネット・IT系に期待もマザーズ軟調続く、IPOではAHCG上場

*16:28JST 新興市場見通し:ネット・IT系に期待もマザーズ軟調続く、IPOではAHCG上場
 

先週の新興市場は、新型肺炎の感染拡大への懸念から不安定な相場展開を強いられた。週前半は日経平均の下落とともに新興市場でもリスク回避目的の売りが広がり、マザーズ指数は2月18日に終値ベースの昨年来安値808.62ptを付けた。その後やや持ち直す場面があったものの、週末にかけて再び売りが出て、戻りは限定的となった。なお、週間の騰落率は、日経平均が-1.3%であったのに対して、マザーズ指数は-1.6%、日経ジャスダック平均は-1.4%だった。

個別では、マザーズ時価総額トップのメルカリ<4385>が週間で4.4%高。従前に当欄で述べたとおり、足元で戻り歩調が続いている。今週は外資系証券の投資判断引き上げや初の事業戦略発表会が買い材料となった。フリー<4478>は同20.8%高と急伸し、マザーズ時価総額2位に浮上。新型肺炎の拡大を受けて国税庁が電子申告を推奨し、関連銘柄として関心を集めた面もあるようだ。ただ、Sansan<4443>は同4.1%安と軟調で、新型肺炎の悪影響が懸念された貸会議室のティーケーピー<3479>は同13.9%安となった。売買代金上位ではAiming<3911>が利益確定売りに押され、イオレ<2334>などが週間のマザーズ下落率上位に顔を出した。反面、今期大幅増益見通しのメドレー<4480>などは買われ、やはり好決算のフリークアウトHD<6094>が上昇率トップとなった。ジャスダック主力はワークマン<7564>が同4.0%安、ハーモニック・ドライブ・システムズ<6324>が同7.1%安、セリア<2782>が同5.2%安と全般軟調。外需系、内需系ともに新型肺炎への懸念から売りが出た。また、メディシノバ<4875>やMipox<5381>が週間のジャスダック下落率上位に顔を出した。反面、前の週に続き中京医薬品<4558>、重松製作所<7980>といったウイルス対策関連銘柄が買いを集め、グッドライフカンパニー<2970>が上昇率トップとなった。

今週の新興市場では、マザーズ指数が引き続き軟調な展開となる可能性がある。国内での新型肺炎の感染拡大を受けて日本株の軟調ぶりが目立っており、新興市場銘柄も回復期待は高まりにくいだろう。マザーズ指数は1月以降、度々800pt割れ寸前から持ち直してきたが、一方で戻りも鈍く、日足チャートでは上値を切り下げる格好となっている。マザーズ売買代金は決算発表シーズンを通過して再び減少してきており、積極的な押し目買いが入っている印象は乏しい。

とはいえ、マザーズにはフリーやメドレーといったインターネット・IT系銘柄が多く、新型肺炎の悪影響を受けにくいうえ、ITの利活用が一段と進むとの思惑も出てきやすい。こうした銘柄が買いを集める状況が続きそうだが、市場のリスク回避ムードが一段と強まれば資金の逃げ足も速い点には注意しておきたい。なお、今週は2月28日に大和コンピューター<3816>、はてな<3930>、キタック<4707>などが決算発表を予定している。

IPO関連では、2月25日にAHCグループ<7083>がマザーズへ新規上場する。今年3社目のIPOとなるが、療育支援や障害者就労支援といった福祉事業への期待が高いようだ。また、先週はリバーHD<5690>(3月24日、東証2部)など7社の新規上場が発表され、3月のIPOは25社となっている。単月では2014年12月(28社)以来の社数となる。

《HK》

記事一覧

  • 2020/04/06 14:04:出来高変化率ランキング(13時台)〜農業総合研究所、サン電子などがランクイン
  • 2020/04/06 13:28:ビットコイン、海外では売りポジションが再び増加【フィスコ・ビットコインニュース】
  • 2020/04/06 13:38:東京為替:ドル・円は底堅い、日本株高継続で円売り
  • 2020/04/06 13:36:7&iHD---急伸、業績観測報道を受けて堅調な業績推移を確認
  • 2020/04/06 13:33:トライSTG---一時ストップ高、今期営業益は82%増を見込む
  • 2020/04/06 13:33:ネクステージ---急落で安値更新、中古車市場の悪化で業績予想を大幅下方修正
  • 2020/04/06 13:29:エスプール---1Qは2ケタ増収・大幅な増益、両事業ともに好調なスタート
  • 2020/04/06 13:26:UUUM---急落、所属タレント関根りさの退所を売り材料視か
  • 2020/04/06 13:16:イード---業務提携先が病床不足を支援、キャンピングカー貸出の受付を開始
  • 2020/04/06 13:12:東京為替:ドル・円は上げ渋り、円売り一服でドル失速
  • 2020/04/06 13:10:ネクステージ---急落で安値更新、中古車市場の悪化で業績予想を大幅下方修正
  • 2020/04/06 12:57:後場の日経平均は427円高でスタート、ソフトバンクGやデンカなどが上昇
  • 2020/04/06 12:45:【M&A速報:2020/04/06(1)】塩野義製薬、ステムリムに追加出資 出資比率8.42%に
  • 2020/04/06 12:43:後場に注目すべき3つのポイント〜物色に変化が見られてくる局面を見極め
  • 2020/04/06 12:42:アセンテック---先週末の陰線部分を吸収
  • 2020/04/06 12:41:日経平均寄与度ランキング(前引け)〜日経平均は大幅続伸、ソフトバンクGとKDDIの2銘柄で約81円押し上げ
  • 2020/04/06 12:24:アダストリア---急反発、前期の上振れ決算などで見直し買いの動きが優勢に
  • 2020/04/06 12:16:物色に変化が見られてくる局面を見極め
  • 2020/04/06 12:12:日経平均は大幅続伸、物色に変化が見られてくる局面を見極め
  • 2020/04/06 12:08:注目銘柄ダイジェスト(前場):串カツ田中、あさひ、エスプールなど
  • ■投資ニュース

  • 2020/04/06 14:04:出来高変化率ランキング(13時台)〜農業総合研究所、サン電子などがランクイン
  • 「ボラティリティ」ランキング (03/11更新)

    バックナンバー

    DVD 石原順のボラティリティトレードシグナル

    1. DVD 石原順のボラティリティトレードシグナル
    2. オプションボラティリティ売買入門
    3. DVD バカラ村式 FX短期トレードテクニック
    4. DVD ボラティリティ売買セミナー
    5. 電子書籍 ラリーのフォーキャスト2020


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (27MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。