携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 (02月18日更新)

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2020/01/24 08:51, 提供元: フィスコ

前場に注目すべき3つのポイント〜底堅い相場展開に期待、日本電産はアク抜けを意識した見方に向かう可能性も

*08:51JST 前場に注目すべき3つのポイント〜底堅い相場展開に期待、日本電産はアク抜けを意識した見方に向かう可能性も
24日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:底堅い相場展開に期待、日本電産はアク抜けを意識した見方に向かう可能性も
■前場の注目材料:日電産、通期下方修正も、10-12月期としては営業増益に
■キヤノン、商業印刷機で攻勢、ピエゾ方式IJヘッド開発


■底堅い相場展開に期待、日本電産はアク抜けを意識した見方に向かう可能性も

24日の日本株市場は、若干の自律反発が意識されるが、その後はこう着感の強い相場展開になりそうだ。23日の米国市場はNYダウが26ドル安、ナスダックは18Pt高とまちまちの展開だった。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に売りが先行したが、世界保健機関(WHO)が非常事態宣言を見送ったことから懸念が和らぎ、引けにかけては買い戻しの動きがみられた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比45円高の23795円。円相場は1ドル109円50銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好から若干の自律反発が意識される。また、注目された日本電産<6594>の第3四半期決算は、営業利益が前年同期比23.9%減の947億円となり、1000億円程度を見込んでいたコンセンサスを下回っている。また、20年3月期通期計画を修正しており、営業利益は従来の1500億円から1400億円に下方修正しており、通期についてもコンセンサスを下回る見通しはネガティブとなる。

しかし、あわせて400万株(発行済み株式数の1.36%)の自社株買いを発表。また、10-12月期としては、営業増益だった。その他、EVの駆動用トラクションモーターについて、複数年の受注が1000万台を超えており、7-9月期とみていた予想よりも引き合いが強い状況であり、決算がアク抜けにつながる可能性がありそうだ。日本電産が底堅い値動きをみせてくるようだと、来週から本格化する決算についても、アク抜けを意識した見方に向かう可能性があるため、全体としては底堅さが意識されよう。

また、テクニカル面では日経平均は若干ながら25日線を下回ってきている。同線レベルを明確に割り込んでくるようだと、前回支持線として意識されていた75日線を窺う可能性が高まり、センチメントを悪化させる。一方で、25日線レベルでの底堅さが意識されるようであれば、これまで同様、調整局面での買い需要が確認されてくることになり、昨年来高値水準でのもち合い継続といったところであろう。

その他、英国の欧州連合(EU)離脱実現に必要な離脱関連法の法案が22日までに、英上下両院を通過した。エリザベス女王の裁可を経て週内にも成立することになり、一先ず欧州の落ち着きも期待されるところであり、相場全体の底堅さにつながりうそうである。


■日電産、通期下方修正も、10-12月期としては営業増益に

日電産<6594>の第3四半期決算は、営業利益が前年同期比23.9%減の947億円となり、1000億円程度を見込んでいたコンセンサスを下回っている。また、20年3月期通期計画を修正しており、営業利益は従来の1500億円から1400億円に下方修正している。あわせて400万株(発行済み株式数の1.36%)の自社株買いを発表した。通期についてもコンセンサスを下回る見通しはネガティブとなるが、10-12月期としては、5四半期ぶりに営業増益だった。その他、EVの駆動用トラクションモーターについて、複数年の受注が1000万台を超えており、7-9月期とみていた予想よりも引き合いが強い。


■前場の注目材料
・シカゴ日経225先物は上昇(23795、大阪比+45)
・ナスダック総合指数は上昇(9402.48、+18.71)
・SOX指数は上昇(1945.37、+15.14)
・米長期金利は低下
・日銀のETF購入
・株安局面での自社株買い
・来期の業績回復期待

・キヤノン<7751>商業印刷機で攻勢、ピエゾ方式IJヘッド開発
・三井E&S<7003>子会社売却、経営再建を加速
・河合楽器<7952>ピアノ増産、旗艦モデル年1000台体制
・三菱商事<8058>野村不とベトナム分譲住宅に参画、スマート都市化推進
・島津製<7701>海外主導で研究開発、米中に拠点、次期中計800億円投資へ
・大日印<7912>5Gスマホ放熱部品参入
・メルカリ<4385>オリガミ買収、国内スマホ決済の競争激化


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:30 12月全国消費者物価指数(生鮮品除く)(前年比予想:+0.7%、11月:+0.5%)
・08:50 日銀金融政策決定会合議事要旨(12月18-19日分)

<海外>
・特になし


《SF》

記事一覧

  • 2020/02/18 20:03:欧州為替:ドル・円は109円66銭から109円77銭で推移
  • 2020/02/18 19:05:ドル・円は109円69銭から109円77銭で推移
  • 2020/02/18 18:15:日経平均テクニカル:4日続落、短期デッドクロス形成し一目は雲下限割れ
  • 2020/02/18 18:12:
  • 2020/02/18 18:04:18日の香港市場概況:ハンセン1.5%安で3日ぶり反落、アップル関連銘柄に売り
  • 2020/02/18 17:57:欧州為替:ドル・円は109円69銭から109円77銭で推移
  • 2020/02/18 17:47:ビーネックスグループ---2Q増収、技術系領域が引き続き順調に推移
  • 2020/02/18 17:28:18日の日本国債市場概況:債券先物は152円78銭で終了
  • 2020/02/18 17:25:欧米為替見通し:ドル・円は戻りの鈍い値動きか、米株安なら安全通貨買いは縮小
  • 2020/02/18 17:20:原油価格の下落に対する産油国の動き〜もっと知りたい商品先物取引
  • 2020/02/18 17:11:
  • 2020/02/18 17:10:東京為替:ドル・円は下げ渋り、中国株の持ち直しで円買い縮小
  • 2020/02/18 17:08:日経平均寄与度ランキング(大引け)〜日経平均は4日続落、ソフトバンクGと東エレクの2銘柄で約102円分押し下げ
  • 2020/02/18 17:01:アウトソーシング---19年12月期は10期連続で売上収益の過去最高を更新。営業利益も過去最高を達成し、7年連続増配へ
  • 2020/02/18 17:01:18日の中国本土市場概況:上海総合0.05%高で3日続伸、ITハイテク銘柄急伸
  • 2020/02/18 16:47:新興市場銘柄ダイジェスト:ハウテレビジョンが大幅に反発、ギフトは大幅に3日ぶり反発
  • 2020/02/18 16:39:米国株見通し:弱含みか、アップルの売上高未達予想でハイテク株に売りも
  • 2020/02/18 16:35:グローブライド---3Q増収、海外での売上が堅調に推移
  • 2020/02/18 16:35:村田製、安川電、レオパレス21など
  • 2020/02/18 16:35:コロナの日本感染者数予想アップデート【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
  • ■投資ニュース

  • 2020/02/18 20:03:欧州為替:ドル・円は109円66銭から109円77銭で推移
  • ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (27MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    「アノマリー」ランキング (01/09更新)

    バックナンバー

    ラリーの投資アノマリーカレンダー

    1. ラリーの投資アノマリーカレンダー
    2. アノマリー投資 市場のサイクルは永遠なり
    3. 市場のアノマリーと行動ファイナンス
    4. DVD アノマリー投資 2025年の株価サイクル
    5. 電子書籍 ラリーのフォーキャスト2020


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。