携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 (02月14日更新)

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2019/08/24 15:25

為替週間見通し:ドルは上値の重い状態が続くか、大幅利下げ観測が再浮上

*15:25JST 為替週間見通し:ドルは上値の重い状態が続くか、大幅利下げ観測が再浮上
【先週の概況】
■米中対立激化でドル売り強まる

先週のドル・円は弱含み。米トランプ政権が中国通信機器メーカーの 華為技術(ファーウェイ)に対する禁輸措置の適用をさらに90日間猶予すると発表したことや、ドイツ政府による財政出動の可能性が浮上したことからリスク選好的なドル買い・円売りが一時優勢となった。米国の大幅利下げ観測が後退したこともドル買い材料となり、一時106円74銭までドル高・円安が進んだ。

しかしながら、中国政府が23日、対米報復関税を発表したことを受けて米トランプ政権は対中関税の新たな引き上げを発表したことから、リスク回避のドル売りが再び活発となった。トランプ大統領は米企業に対し中国からの事業撤退も要求しており、通商問題などを巡る米中の対立は一段と深まり、米中貿易摩擦は長期化するとの見方が広がった。米国経済は2020年に景気後退入りするとの思惑も広がり、世界経済のさらなる減速が懸念されたことから、23日のニューヨーク外為市場でドル・円は、106円74銭から105円26銭まで反落し、105円42銭でこの週の取引を終えた。ドル・円の取引レンジ:105円26銭−106円74銭。

【今週の見通し】
■ドルは上値の重い状態が続くか、大幅利下げ観測が再浮上

今週のドル・円は上値の重い状態が続くとみられる。米中貿易摩擦の激化・長期化の可能性は高まり、米連邦準備制度理事会(FRB)による大幅利下げへの思惑が再浮上していることから、ドルは買いづらい展開となりそうだ。

パウエルFRB議長は8月23日の講演で「貿易政策の不透明性が世界経済の成長減速をけん引」、「FRBは世界の状況、市場動向、貿易政策を注意深く監視する」との見方を伝えており、米中貿易摩擦の激化が米国経済に与える影響を考慮して、次回9月17-18日開催のFOMC会合で0.50ポイントの追加利下げが決定される可能性が再浮上している。21日に公表された同会合の議事要旨では、長期にわたる利下げサイクルに入ったとの認識は示されていなかったが、米中対立が続いていることから、市場参加者は米金利見通しを引き下げる可能性がある。ただ、米国経済の悪化に備えてトランプ政権が新たな財政出動を検討する可能性は残されており、その可能性が高まった場合、大幅利下げ観測は後退する見込み。

今週発表予定の米経済指標では29日発表の4-6月期国内総生産(GDP)改定値や30日発表の7月個人消費支出(PCE)が注目されそうだ。市場予想と一致、または上回った場合、大幅利下げ観測はやや後退し、ドル買い材料となる可能性がある。

【米・4-6月期国内総生産(GDP)改定値】(29日発表予定)
29日発表の米4-6月期国内総生産(GDP)改定値は、前期比年率+2.0%程度と予想されており、速報値の+2.1%からやや下方修正される見込み。GDP改定値が市場予想と一致した場合、10月以降における追加利下げ観測はやや後退し、ドル買いに振れやすい。

【米・7月個人消費支出(PCE)】(30日発表予定)
30日発表の米7月個人消費支出(PCE)のコアデフレータは前年比+1.6%と、前回から横ばいの見通し。連邦準備制度理事会(FRB)の目標でもある前年比+2.0%を下回っており、9月大幅利下げの思惑が広がりやすい。

予想レンジ:104円00銭−107円00銭



《FA》

記事一覧

  • 2020/02/16 10:00:個人投資家・有限亭玉介:しっかり下値を切り上げる期待の銘柄群【FISCOソーシャルレポーター】
  • 2020/02/16 09:00:低空飛行のインド市場【フィスコ・コラム】
  • 2020/02/15 19:37:来週の相場で注目すべき3つのポイント:新型肺炎の動向、米FOMC議事要旨、1月訪日外客数
  • 2020/02/15 16:15:新興市場見通し:肺炎懸念重いが決算通過で中小型株物色へ、3月IPOは順次BBに
  • 2020/02/15 15:04:国内株式市場見通し:もみあいか、NYダウ大台乗せなど焦点
  • 2020/02/15 15:03:米国株式市場見通し:コロナウィルスへの懸念が燻る展開に
  • 2020/02/15 15:02:為替週間見通し:ドルは伸び悩みか、米FOMC議事要旨が有力な売買材料に
  • 2020/02/15 15:02:国内外の注目経済指標:1月米住宅着工件数は反動減の公算
  • 2020/02/15 15:01:ユーロ週間見通し:弱含みか、ユーロ圏の製造業関連指標が手掛かり材料に
  • 2020/02/15 15:00:豪ドル週間見通し:底堅い展開か、雇用統計などに注目
  • 2020/02/15 14:59:英ポンド週間見通し:下げ渋りか、景気刺激策への期待残る
  • 2020/02/15 11:36:NY債券:米長期債相場は強含み、IMF専務理事の発言などが意識される
  • 2020/02/15 11:35:NY金:続伸、新型肺炎の感染拡大を警戒した買いが入る
  • 2020/02/15 11:34:NY原油:続伸、IMF専務理事の発言などを意識した買いが入る
  • 2020/02/15 11:31:NY為替:新型肺炎急拡大で成長見通し悪化、リスクオフ
  • 2020/02/15 11:19:14日のNY市場はまちまち
  • 2020/02/15 11:15:米国株はまちまち、コロナウィルスへの警戒が続く(14日)
  • 2020/02/15 11:14:米長期債相場は強含み、IMF専務理事の発言などが意識される
  • 2020/02/15 11:07:NY株式:まちまち、コロナウィルスへの警戒が続く
  • 2020/02/15 10:00:個人投資家・有限亭玉介:新型肺炎&AI関連…さらに注目中の個別株を公開【FISCOソーシャルレポーター】
  • 提供元: フィスコ

    ■投資ニュース

  • 2020/02/16 10:00:個人投資家・有限亭玉介:しっかり下値を切り上げる期待の銘柄群【FISCOソーシャルレポーター】
  • ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (27MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    「アノマリー」ランキング (01/09更新)

    バックナンバー

    ラリーの投資アノマリーカレンダー

    1. ラリーの投資アノマリーカレンダー
    2. アノマリー投資 市場のサイクルは永遠なり
    3. 市場のアノマリーと行動ファイナンス
    4. DVD アノマリー投資 2025年の株価サイクル
    5. 電子書籍 ラリーのフォーキャスト2020


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。