携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 6月3日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2019/04/20 14:51

新興市場見通し:連休入り睨んだ動きを想定、平成最後のIPOはハウテレビなど3社

*14:51JST 新興市場見通し:連休入り睨んだ動きを想定、平成最後のIPOはハウテレビなど3社
先週の新興市場では、日経平均と同様にマザーズ指数も上昇した。前の週末に米国株が大きく上昇した流れを引き継ぎ、日経平均が週明け22000円台を回復すると、新興市場でも投資家心理が上向き買いが先行。週半ばにはサンバイオ<4592>が急伸し、相場をけん引する場面もあった。ただ、上値では利益確定の売りが出やすく、マザーズ指数は900pt台前半でのもみ合いが続いた。なお、週間の騰落率は、日経平均が+1.5%であったのに対して、マザーズ指数は+1.9%、日経ジャスダック平均は+0.2%だった。

個別では、メルカリ<4385>が週間で0.2%安、ミクシィ<2121>が同1.5%高とマザーズ時価総額上位は高安まちまち。ただ、前述のサンバイオは再生細胞薬の試験結果に関する学会発表が好感されて同34.5%高、ティーケーピー<3479>はシェアオフィス大手の買収や今期の大幅増益見通しを発表し同27.0%高となった。売買代金上位ではサンバイオとともにロゼッタ<6182>が活況を見せ、週間のマザーズ上昇率上位にもこの2社が並んだ。ロゼッタは前期決算での受注増やウェアラブル通訳デバイスの開発見通しが好材料視されたようだ。一方、UUUM<3990>は大幅増益決算だったものの、材料出尽くし感から大きく売られた。また、第1四半期決算が大幅減益となったフィル・カンパニー<3267>が下落率トップだった。ジャスダック主力ではハーモニック・ドライブ・システムズ<6324>が同4.9%高となったものの、ワークマン<7564>が同2.4%安、セリア<2782>が同5.4%安と軟調だった。売買代金上位ではメイコー<6787>やsantec<6777>の上げが目立ち、中国での合弁会社設立を発表した環境管理センター<4657>が週間のジャスダック上昇率トップとなった。反面、業績下方修正のココスジャパン<9943>や今期減益見通しのブロッコリー<2706>が下落率上位に顔を出した。

今週の新興市場では、ゴールデンウィークの10連休を控え一段と資金の足が速まりそうだ。4月23日が連休前受け渡しの最終売買日となり、信用買い残がなお高水準の銘柄では返済売りが出やすいと考えられる。その後は短期物色中心の展開となり、徐々に手控えムードも強まるだろう。なお、週末にかけて主力企業の決算発表が増え、個人投資家の関心も大型株にシフトする可能性がある。

今週は、4月22日にアンジェス<4563>、24日に沖縄セルラー電話<9436>、25日にアズーム<3496>、ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング<7774>、26日にセプテーニ・HD<4293>、バンク・オブ・イノベーション<4393>、ジャパンインベストメントアドバイザー<7172>(JIA)などが決算発表を予定している。JIAは今期も2ケタ増収増益見通しだが、第1四半期の出足が注目される。

IPO関連では、4月24日にハウテレビジョン<7064>が、25日にグッドスピード<7676>とトビラシステムズ<4441>がいずれもマザーズへ新規上場する。人材系メディア運営のハウテレビは公開規模が非常に小さいこともあり、初値期待が高まっているようだ。トビラシステムは公開規模がやや大きいが迷惑電話・特殊詐欺対策への貢献で関心を集め、グッドスピードは人気の事業内容とは言えないものの需給良好とみられる。平成最後のIPOとして好スタートが期待されるだろう。



《FA》

記事一覧

  • 2020/06/04 06:30:今日の注目スケジュール:欧ユーロ圏小売売上高、ECBが政策金利発表、米貿易収支など
  • 2020/06/04 06:22:3日のNY市場は上昇
  • 2020/06/04 06:20:米国株は続伸、速やかな景気回復期待広がる(3日)
  • 2020/06/04 04:24:6月3日のNY為替概況
  • 2020/06/04 03:59:NY外為:ドル・円心理的節目109円試す、米V字型回復期待も浮上、強い5月ADP雇用統計で
  • 2020/06/04 02:27:[通貨オプション]調整
  • 2020/06/04 01:56:NY外為:リスクオン加速、米国株上げ幅拡大、ダウ415ドル高
  • 2020/06/04 00:50:NY外為:加ドル上昇、加中銀が予想通り政策据え置き、ウイルスピーク通過と指摘
  • 2020/06/03 23:37:米5月ISM非製造業景況指数、予想上回りリスクオン
  • 2020/06/03 22:30:NY外為:リスクオン、ダウ先物268ドル高
  • 2020/06/03 21:25:【市場反応】米5月ADP雇用統計、予想上回りドル買い
  • 2020/06/03 20:17:欧州為替:ドル・円は失速、原油価格は反落
  • 2020/06/03 19:17:欧州為替:ドル・円はこう着、ユーロは買い継続
  • 2020/06/03 19:16:ドル・円はこう着、ユーロは買い継続
  • 2020/06/03 18:34:農業総合研究所---農産物の緊急買取り支援を延長、新型コロナウイルス禍で被害を受けた生産者を応援
  • 2020/06/03 18:29:農業総合研究所---東京加工センター移転、センター機能の拡充により流通総額拡大を加速
  • 2020/06/03 18:15:日経平均テクニカル:3日続伸、8日ぶり陰線も週足均衡表は雲突破
  • 2020/06/03 18:07:欧州為替:ドル・円は動意薄、欧米株高観測は継続
  • 2020/06/03 18:00:3日の香港市場概況:ハンセン1.4%高で3日続伸、原油高でCNOOC4.6%上昇
  • 2020/06/03 17:47:3日の日本国債市場概況:債券先物は152円05銭で終了
  • 提供元: フィスコ

    ■投資ニュース

  • 2020/06/04 06:30:今日の注目スケジュール:欧ユーロ圏小売売上高、ECBが政策金利発表、米貿易収支など
  • 史上初のマイナス価格「原油」ランキング (05/12更新)

    バックナンバー

    DVD 石原順のメルマガ マーケットの極意

    1. 石原順のメルマガ マーケットの極意
    2. 米国商品情報を活用して待ち伏せする “先取り”株式投資術
    3. フォーキャスト2020
    4. インベスターズハンドブック 株式手帳 2020 [茶]
    5. ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (27MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。