携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 お問い合わせ 03-5386-7391 平日9:00-18:00 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 (05月24日更新)

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 New!
アンディ えつこ
鏑木繁 小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2019/02/17 09:00

読み切れないドル・円【フィスコ・コラム】

*09:00JST 読み切れないドル・円【フィスコ・コラム】
ドル・円相場の日々の値動きを予想しにくい地合いが続いています。ドルは世界経済の減速懸念で安全通貨として消去法的な買いが入る反面、アメリカの利上げ休止観測などで積極的な買いは入りにくいためです。目先はどのような展開になるでしょうか。

ドル・円はこのところ、緩やかに上昇する値動きとなっています。1月3日の104円台への急落が「ハプニング」による参考記録だったとすれば、翌4日安値の107円51銭が目下の下値メドと言えるでしょう。その後はおおむね108-110円のレンジ内でもみ合いが続いていました。足元は昨年12月下旬に付けていた111円台に水準を切り上げていますが、さらに上値を追うような勢いは感じられません。

2月に入ってからは、心理的節目の110円を何度かタッチしながら戻り売りに押し下げられ、109円台で燻る展開が数日続きました。通常は大きな節目を上抜ければストップロスを巻き込んで20銭程度上昇しても不自然ではありませんが、投資家は恐る恐るドル買いを進めているように感じます。実際、ある短期筋は「このまま上昇基調が続くとの見方には自信を持てない」と話しています。

2月11日にドルはようやく110円を明確に上抜け、同水準が今度はサポートラインになったとみられます。その後発表されたアメリカの消費者物価指数(CPI)が予想を上回ると、連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ継続を口実にドルは昨年12月末以来の111円台を回復。その翌日は予想以上に悪化した小売売上高を受け、景気腰折れを警戒したドル売りに振れ、再び110円台で推移しています。
しかし、ドルは目先も底堅い値動きが続くとみています。欧州委員会が今年と来年の域内経済の成長について悲観的な見方を示したほか、スペインの予算編成をめぐる政局流動化という新たな火種を抱え、ユーロ買いは後退。英国の欧州連合(EU)離脱は混迷を極めており、3月29日の離脱日までポンド売りも続く見通しです。欧州のこうした情勢は、ドルの安全通貨としての地位を高めるでしょう。

ヨーロッパだけでなく、オセアニアにも景気減速の足音が聞こえてきました。豪準備銀行は政策金利を2016年8月から28会合連続で据え置いているものの、「次の金融政策は利下げでなく利上げの可能性」としてきました。ところが、同準備銀のロウ総裁は直近の講演で利下げを示唆し、市場を驚かせました。金融正常化を後退させたことは新たなドル買い要因となっています。さらに、新興国にも影響が広がりそうです。

とはいえ、ドル・円が上昇トレンドを形成するように見えないのは、1月の連邦公開市場委員会(FOMC)での慎重なスタンスで利上げ休止の観測が広がっているためです。FEDウォッチによると、3月19-20日のFOMCは政策金利据え置きでほぼ一致。今後発表される国内総生産(GDP)や雇用統計などの経済指標の下振れが、そうした観測を後押しするでしょう。年度末までは下げないものの上げもしないドルが続くとみます。

(吉池 威)

※あくまでも筆者の個人的な見解であり、弊社の見解を代表するものではありません。



《SK》

記事一覧

  • 2019/05/25 19:37:来週の相場で注目すべき3つのポイント:日米首脳会談共同記者会見、中国PMI、米1-3月期GDP改定値
  • 2019/05/25 15:01:新興市場見通し:全般上値重く値動きや需給で銘柄選別、令和最初のIPOも
  • 2019/05/25 14:55:国内株式市場見通し:日経平均は21000円の攻防へ
  • 2019/05/25 14:54:米国株式市場見通し:米中関係の悪化が続く公算
  • 2019/05/25 14:47:為替週間見通し:米中対立継続を警戒してドルは上げ渋りか
  • 2019/05/25 14:45:国内外の注目経済指標:1-3月期米GDP改定値は3%成長を維持か
  • 2019/05/25 14:44:ユーロ週間見通し:上値は重いままか、欧州議会選の右派勢力台頭を警戒
  • 2019/05/25 14:43:豪ドル週間見通し:弱含みか、早期利下げ観測が売り圧力に
  • 2019/05/25 14:42:英ポンド週間見通し:上げ渋りか、政治リスクがポンド高を抑制も
  • 2019/05/25 10:12:24日のNY市場は上昇
  • 2019/05/25 10:10:米国株は上昇、米中関係の悪化懸念が後退(24日)
  • 2019/05/25 10:08:米国株は上昇、米中関係の悪化懸念が後退(24日)
  • 2019/05/25 10:00:個人投資家・有限亭玉介:セルインメイを超えて反発期待の銘柄群【FISCOソーシャルレポーター】
  • 2019/05/25 07:32:前日に動いた銘柄 part2ダブル・スコープ、セキド、GMOペパなど
  • 2019/05/25 07:15:前日に動いた銘柄 part1ウェルス、レオパレス21、オープンハウスなど
  • 2019/05/25 06:16:NY為替:株反発も上昇幅縮小、米指標も弱く、ドル売り・円買い気味
  • 2019/05/25 04:19:5月24日のNY為替概況
  • 2019/05/25 03:51:NY原油:反発で58.63ドル、米国の中東追加派兵やリグ稼動数減少にも注目
  • 2019/05/25 02:48:NY金:小幅反落で1283.60ドル、欧米株反発で売り先行
  • 2019/05/25 01:42:NY為替:[通貨オプション]R/R、円コール買いやや弱まる
  • 提供元: フィスコ

    ■投資ニュース

  • 2019/05/25 19:37:来週の相場で注目すべき3つのポイント:日米首脳会談共同記者会見、中国PMI、米1-3月期GDP改定値
  • ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム New!
    携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (26MB)
    DVDカタログ (11MB) 紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    「銘柄選択」ランキング (5/15更新)

    バックナンバー

    たけぞうの50億稼いだ男のメルマガ

    1. たけぞうの50億稼いだ男のメルマガ
    2. オニールの成長株発掘法
    3. DVD 生涯現役のトレード技術 銘柄選択の型
    4. DVD DAIBOUCHOUの銘柄選択術
    5. 源太会 (6か月間更新)


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。