携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 お問い合わせ 03-5386-7391 平日9:00-18:00 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 (03月20日更新)

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
ボリンジャー
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株
決算書 M&A FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

アンディ
えつこ New!
鏑木繁 小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

カレンダー New!
セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2019/02/16 14:55

為替週間見通し:下げ渋りか、欧州リスクがドルに対する支援材料に

*14:55JST 為替週間見通し:下げ渋りか、欧州リスクがドルに対する支援材料に
【先週の概況】
■米中貿易協議進展への期待でドルは下げ渋る

先週のドル・円は強含み。「3月中にフロリダで米中首脳会談の開催が検討されている」との報道を受けてドル買いが先行した。米政府機関の再閉鎖が警戒されたことからドルは上げ渋る場面があったが、13日発表の1月米消費者物価コア指数は市場予想を上回ったことから、ドル買いが再び優勢となった。トランプ米大統領が米政府機関の再閉鎖を望んでいないとの意向を表明したことから、ドル・円は再び111円台に戻した。

しかしながら、14日発表の12月小売売上高は市場予想を下回る大幅な減少を記録したことから、ドルは110円台半ばまで反落。一部で米中貿易協議の進展に対する懐疑的な見方が浮上したこともドル売り材料となった。

15日のニューヨーク外為市場でドル・円は、110円台半ば近辺でもみ合う展開となった。米中貿易協議における合意への期待や米政府機関の再閉鎖回避を意識してドル買いがやや優勢となったが、1月の米鉱工業生産は予想外の減少を記録したことや、デイリー米サンフランシスコ連銀総裁が米紙WSJとのインタビューで「本年、利上げを見送る可能性がかなりある」との見解を示したことからドルは伸び悩み、110円43銭でこの週の取引を終えた。先週のドル・円の取引レンジは109円69銭から111円13銭となった。ドル・円の取引レンジ:109円69銭−111円13銭。

【今週の見通し】
■下げ渋りか、欧州リスクがドルに対する支援材料に

今週のドル・円は下げ渋りか。米中政府は北京で行っていた閣僚級貿易協議を終え、今週ワシントンで協議を再開する方針を明らかにしたことから、協議進展を期待した円売りは継続する可能性がある。

米連邦準備制度理事会(FRB)は利上げを休止するとの見方が広がっていることや、世界経済の減速懸念は消えていないことはドルの下押し要因となりそうだが、ユーロ圏の景気減速を懸念したユーロ売りや英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)の不透明感を背景としたポンド売りによって、安全逃避のドル買いが入りやすい。
直近の米インフレ指標の伸び率は鈍化しており、12月の小売売上高は9年ぶりの大幅減が示された。2月末に発表予定の10−12月期国内総生産(GDP)が低調な内容だった場合、新たなドル売り材料となるだろう。

ただ、米国金利の先高観はすでに後退しており、現時点でリスク回避的なドル売りが大きく広がる可能性は低いとみられる。欧州委員会が今年と来年の域内経済の成長について下方修正したことや、ドイツ経済の悪化を警戒してユーロ売り・米ドル買いは継続する可能性がある。スペインにおける政治不安が台頭していることもユーロ売り材料になるとみられる。

こうした欧州リスクから逃避資金がドルに流入する展開で、ドル・円の取引ではドル買いが縮小する可能性は低いとみられる。ドル・円は14日にかけて111円13銭まで上昇した。110円は短期的な下値目途(サポートポイント)になるとみられており、ドル・円が110円台を維持している間は、リスク回避的なドル売りが大きく広がる可能性は低いと予想される。

【米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨】(20日公表予定)
米FRBは20日に1月29-30日に開催したFOMC議事要旨を公表する。政策金利を2.25-2.50
%に据え置くことが決定されたが、議事要旨の内容が市場の想定よりハト派寄りであった場合はドル売り材料となる。

【米・12月耐久財受注】(21日発表予定)
21日発表の12月耐久財受注は前月比+1.7%と予想されている。11月実績の同比+0.7%を大幅に上回る見込みだが、1月以降の数値を確認する必要があり、市場予想と一致してもドル買い材料となるかどうか、定かではないとみられている。

予想レンジ:109円00銭−112円00銭



《FA》

記事一覧

  • 2019/03/21 21:06:欧州為替:ドル・円は110円30銭から110円66銭で推移
  • 2019/03/21 20:04:欧州為替:ドル・円買い戻しで110円64銭まで上昇
  • 2019/03/21 19:00:欧州為替:ドル・円は110円30銭から110円46銭で推移
  • 2019/03/21 18:45:米国株見通し:FRBの政策姿勢を改めて好感
  • 2019/03/21 18:16:欧州為替:ドル・円は一時110円30銭、米長期金利が低下
  • 2019/03/21 16:15:東京為替:ドル・円は安値圏、欧州勢はドル売りで参入か
  • 2019/03/21 15:12:東京為替:ドル・円は戻りが鈍い、材料難で買いづらい
  • 2019/03/21 14:39:東京為替:ドル・円はやや値を戻す展開、ドル売り一服
  • 2019/03/21 14:07:東京為替:ドル・円は下げ渋り、欧米株式先物はプラス圏維持
  • 2019/03/21 13:49:東京為替:ドル・円は安値もみ合い、米長期金利の低水準で
  • 2019/03/21 10:54:(中国)上海総合指数は0.11%高でスタート、米金利低下などを好感
  • 2019/03/21 10:16:東京為替:ドル・円は110円70銭台に戻す
  • 2019/03/21 07:32:前日に動いた銘柄 part2:リテールパートナーズ、シリコンスタ、CRI・MWなど
  • 2019/03/21 07:15:前日に動いた銘柄 part1J・TEC、キャリアデザインセンター、三井金属鉱業など
  • 2019/03/21 07:00:NY株式:NYダウ141ドル安、FOMC受けた長期金利低下で金融株軟調
  • 2019/03/21 06:46:20日のNY市場はまちまち
  • 2019/03/21 06:44:米国株はまちまち、FOMC受けた長期金利低下で金融株軟調(20日)
  • 2019/03/21 06:30:今日の注目スケジュール:英中央銀行が政策金利発表、欧首脳会議、中習近平国家主席がイタリア訪問など
  • 2019/03/21 05:10:3月20日のNY為替概況
  • 2019/03/20 20:56:欧州為替:ドル・円は111円49銭から111円61銭で推移
  • 提供元: フィスコ

    ■投資ニュース

  • 2019/03/21 21:06:欧州為替:ドル・円は110円30銭から110円66銭で推移
  • ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム New!
    携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (26MB)
    DVDカタログ (11MB) 紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オシレータの父「ワイルダー」ランキング (3/13更新)

    バックナンバー

    ワイルダーのアダムセオリー

    1. ワイルダーのアダムセオリー
    2. ワイルダーのテクニカル分析入門
    3. マーケットのテクニカル分析
    4. マーケットのテクニカル秘録
    5. バーンスタインのデイトレード入門


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。