携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 1月21日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

カレンダー New!
セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2021/12/08 09:25, 提供元: フィスコ

ウォール街を知るハッチの独り言 金利が上がると株価は下がるのか?(マネックス証券 岡元 兵八郎)

*09:25JST ウォール街を知るハッチの独り言 金利が上がると株価は下がるのか?(マネックス証券 岡元 兵八郎)
さて、マネックス証券の「メールマガジン新潮流」が、12月6日に配信されました。
そのなかから今回は、同証券のチーフ・外国株コンサルタント、『ハッチ』こと岡元兵八郎氏のコラム「ウォール街を知るハッチの独り言」の内容をご紹介いたします。


みなさんは金利が上がると株は下がると思い込んでいませんか?

事実は、必ずしもそうではないのです。
こちらのデータは昨年と今年、コロナ禍での金利と米国株との関係を比較したものです。
金利は米国10年債利回りで、株価は米国を代表する株価指数であるS&P500です。

金利の動きと株価
※金利変化時の株価パフォーマンス(2019/12/31〜2021/11/22)参照

2020年に入りコロナ禍、世界中の中央銀行は利下げを行うと同時に金融市場に対しアグレッシブな流動性の供給を行いました。これを受け米国10年債利回りは年初から下落し7月にボトムをつけました。その後の金利の動きを三つのフェイズに分け、株価への反応を調べてみました。

最初のフェーズは金利上昇の局面です。10年債利回りが7月に底を付けたあと、翌年2021年3月末までの166日間です。この間10年債利回りは243%上昇することになりますが、S&P500の動きはというと20%上がったのです。S&P500のITセクターはというと17%上げ、銀行セクターは59%上昇しました。S&P500の20%の上げに対し、金利の上昇に弱いと言われるグロース銘柄を含むITセクターは市場のリターンを下回りました。一方、金利上昇時に恩恵を受ける銀行セクターは素直に大きく上がるという展開となりました。

二つ目のフェーズは金利下落の局面です。今年の3月31日にピークをつけた10年債利回りは8月3日までの87日間で33%下がりました。この間S&P500は11%上昇したのですが、ITセクターは16%上昇、銀行セクターは2%上昇と教科書通りのパフォーマンスを示したのです。

三つ目のフェーズは再度金利上昇の局面です。10年債利回りが79日間で39%上昇した局面でS&P500は6%上昇、ITセクターは10%上昇、銀行セクターも11%上がったのです。

いかがでしょう。過去2年間の試験の期間で3つの事が言えると思います。
一つ目は、金利が上がっている期間でも株価は上がるということです。金利が上がって株価が下がるのは、一時的な急激な金利の上げを受けてのことなのです。金利が上がる局面でも、長期的に見ると株は上がっているのです。
二つ目は、金利が上がる局面で、IT企業に代表される成長株が下がるかということ、そういう事でなく、市場のリターンを下回るだけという事です。
三つ目ですが、金利が上昇する局面では、銀行株は素直に買われるという事です。

来年は金利が上昇する年となると思いますが、こういった事実を参考にしていただければと思います。


マネックス証券 チーフ・外国株コンサルタント 岡元 兵八郎
(出所:12/6配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より、抜粋)





《FA》

記事一覧

  • 2022/01/22 18:34:来週の相場で注目すべき3つのポイント:米FOMC、日米主要企業決算、IMF世界経済見通しなど
  • 2022/01/22 17:00:国内株式市場見通し:注目度高まるFOMC、調整一巡か深押しか
  • 2022/01/22 16:58:新興市場見通し:マザーズ一時800pt割れ、人気銘柄下げ渋りでも拭えぬ懸念
  • 2022/01/22 16:58:米国株式市場見通し:FOMCやハイテク決算に注目
  • 2022/01/22 16:57:為替週間見通し:ドルは底堅い動きか、米利上げ推進への期待残る
  • 2022/01/22 16:56:海外の注目経済指標:米FOMC会合でインフレ抑制の方針が固まる見込み
  • 2022/01/22 16:55:ユーロ週間見通し:伸び悩みか、ウクライナ問題の先行き不透明感残る
  • 2022/01/22 16:54:豪ドル週間見通し:底堅い展開か、量的緩和策早期終了の可能性残る
  • 2022/01/22 16:53:英ポンド週間見通し:下げ渋りか、英政府の制限解除や英中銀の追加利上げに期待
  • 2022/01/22 10:23:21日のNY市場は続落
  • 2022/01/22 10:20:米国株式市場は続落、地政学的リスクの上昇やFOMCを警戒(21日)
  • 2022/01/22 10:16:NY株式:米国株式市場は続落、地政学的リスクの上昇やFOMCを警戒
  • 2022/01/22 10:00:個人投資家・有限亭玉介:EV関連への物色が底堅い!注目株をご紹介【FISCOソーシャルレポーター】
  • 2022/01/22 07:32:前日に動いた銘柄 part2 FRACTALE、サインド、アピリッツなど
  • 2022/01/22 07:27:NY債券:米長期債相場は強含み、株安を意識して安全逃避の買いが続く
  • 2022/01/22 07:26:NY原油:弱含み、株安を意識した売りが増える
  • 2022/01/22 07:24:NY金:弱含み、換金目的の売りが強まる
  • 2022/01/22 07:18:NY為替:地政学的リスクの高まりや株安を意識してリスク回避の円買い優勢
  • 2022/01/22 07:15:前日に動いた銘柄 part1 SHIFT、エアトリ、コナミHDなど
  • 2022/01/22 05:35:[通貨オプション]OP買い強まる、リスク上昇
  • ■投資ニュース

  • 2022/01/22 18:34:来週の相場で注目すべき3つのポイント:米FOMC、日米主要企業決算、IMF世界経済見通しなど
  • 「アノマリー」ランキング (01/19更新)

    バックナンバー

    投資アノマリーカレンダー2022

    1. 投資アノマリーカレンダー2022
    2. 為替手帳 2022 [ブラック]
    3. 1日わずか30分間の作業ですむ株式自動売買戦略
    4. トレーダーズ・アルマナック
    5. アノマリー投資 市場のサイクルは永遠なり


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (27MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。