トレーダーズショップ
トップかごを見るご注文状況このページのPC版


フィスコ投資ニュース

配信日時: 2022/08/19 13:02, 提供元: フィスコ

後場の日経平均は26円高でスタート、アイスタイルや三井松島HDなどが上昇

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;28968.80;+26.66TOPIX;1996.11;+5.61


[後場寄り付き概況]
 後場の日経平均は前日比26.66円高の28968.80円と、前引け(28967.94円)から横ばいでスタート。ランチタイム中の225先物は28950円〜28980円のレンジで横ばい。ドル・円は1ドル=136.20〜30円と午前9時頃から30銭ほど円安・ドル高水準。アジア市況では上海総合指数が前日終値を挟んだ一進一退の一方、香港ハンセン指数が朝安後に切り返して堅調推移。前日の米株式市場が動意に乏しい展開だったことで、東京市場も方向感に欠ける動きとなっている。後場の日経平均は引き続き心理的な節目の29000円を手前に上値の重い展開。来週には経済シンポジウム「ジャクソンホール会議」も控えており、現状の株価水準から一段と買い上がる向きは限られているようだ。