携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 8月5日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2020/07/08 12:26, 提供元: フィスコ

底堅さによる「苦痛」と「意外高」への道筋

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22571.55;-43.14TOPIX;1572.73;+1.02

[後場の投資戦略]

 本日の日経平均は上値こそ重いものの、25日移動平均線レベルでの底堅さを見せる展開となっている。度々当欄でも触れているとおり、ETFの決算日に当たる8日や10日を中心に、分配金捻出に絡んで計7000億円規模の売りが出ているとみられている。差し当たり本日は3000億円程度の売り需要との観測があり、新型コロナ再拡大への懸念とともに上値の重しとなっているようだ。

 売買代金上位はおおむね前日までの動きのリバーサル(株価の反転)的な様相だが、東エレクなどはここまでの上昇幅の大きさを考慮すればごく軽微な調整と言えるだろう。業種別騰落率では内需・ディフェンシブ系セクターが堅調、一方で景気敏感系セクターの一角が軟調となっている。ここまでの東証1部売買代金は1兆円に届かず、前日より減少。ETFの売り観測への警戒もあってか、売買はやや低調だ。

 新興市場ではマザーズ指数が4日続伸。リボミック<4591>やセルソース<4880>といったバイオ・ヘルスケア関連株が根強く買いを集めている。マザーズ指数は1010pt台に位置する25日移動平均線に肉薄しており、戻り待ちの売りを押し返せるかの正念場だろう。前日にマザーズへ新規上場したBエンジニア<7352>はなお買い気配が続いている。

 アジア株式市場では中国・上海総合指数や香港ハンセン指数がしっかり。ただ、足元で円相場の下落は一服してきた。前引けの東証株価指数(TOPIX)は0.06%の上昇で、日銀によるETF買い実施は期待しづらい。後場の日経平均も上値の重い展開となりそうだ。

 さて、前日の先物手口を見ると野村證券が日経平均先物で、クレディ・スイス証券がTOPIX先物でそれぞれ売り越し筆頭となった。ともに上海総合指数が急騰した6日から一転しての売り越しであり、やはり商品投資顧問(CTA)や個人投資家が本格的に売り持ち高の解消に動いたわけではなさそうだ。また、6月半ばごろからTOPIX先物を売り越していたその他外資系証券も直近で買い戻した様子は見受けられない。一部証券会社はレポートで、マクロ系を中心としたヘッジファンドは足元でも新型コロナ再拡大、米中摩擦、米大統領選といった警戒材料を前に慎重姿勢を崩していないと指摘している。

 それゆえに、株式相場が想定以上に底堅く推移していることはこれら投資家にとって「極めて苦痛」だろう。そもそもファンド勢は5月上旬までの戻り相場で売り持ち高を抱え、運用成績を大きく悪化させた。この際に著名投資家が相次いで敗戦の弁と「中央銀行に逆らうな」との教訓、それに戦略転換を表明したが、多くのファンドはこうした教訓を活かせていないようだ。システム系投資家も一時的に売り持ちに傾いているが、株価変動率(ボラティリティー)の落ち着きとともに再び買い持ちに転じてくるとみられている。もちろん株価位置は5月上旬までの戻り相場で高くなってしまったが、足元底堅く推移していることで、再びファンド勢の買い戻しを誘う環境が整いつつあるように見える。

 今月下旬から4-6月期決算発表が本格化するため、賞味期限には注意する必要があるものの、ETFによる売りをこなした後の「意外高」の可能性を改めて指摘しておきたい。

 なお、まだ投資論点としては注目されていないので詳細は述べないが、国内政治を巡り遠からず政局になる可能性が高まってきたと考えられる。国内政治情勢についても関心を払っておきたい。(小林大純)
《AK》

記事一覧

  • 2020/08/06 03:58:8月5日のNY為替概況
  • 2020/08/06 03:33:NY外為:ユーロ・円1年3カ月ぶり高値、リスクオン、ダウ300ドル高
  • 2020/08/06 03:00:[ドル・円通貨オプション]変動率上昇、リスクを警戒したOP買い強まる
  • 2020/08/06 01:55:NY外為:ドル買い再燃、米債利回りは一段と上昇
  • 2020/08/06 00:41:NY外為:加ドル底堅い、原油高で、加6月貿易赤字は予想外に拡大
  • 2020/08/05 23:21:米7月ISM非製造業景況指数は予想外に改善、1年半ぶり高水準、ドル下げ止まる
  • 2020/08/05 22:32:米7月ADP雇用統計は予想を大幅に下回る、ドル売り
  • 2020/08/05 20:02:欧州為替:ドル・円は底堅い、WTIの強含みを材料視
  • 2020/08/05 19:01:欧州為替:ドル・円はもみ合い、欧米株高でリスクオン
  • 2020/08/05 18:15:日経平均テクニカル:3日ぶり反落、下落圧力残るも25日線上キープ
  • 2020/08/05 18:13:欧州為替:ドル・円は伸び悩み、ユーロ・ドルは上昇
  • 2020/08/05 18:00:5日の香港市場概況:ハンセン0.6%高で続伸、ハンセン科技指数は1.5%上昇
  • 2020/08/05 18:00:個人投資家・有限亭玉介:コロナ禍のDX関連やAI関連に注目【FISCOソーシャルレポーター】
  • 2020/08/05 17:45:日経平均寄与度ランキング(大引け)〜日経平均は3日ぶり反落、ソフトバンクGとヤマハの2銘柄で約76円分押し下げ
  • 2020/08/05 17:43:DeNA、21年3月期第1四半期は大幅増益、PTSで大幅高
  • 2020/08/05 17:40:5日の日本国債市場概況:債券先物は152円40銭で終了
  • 2020/08/05 17:31:TDCソフト---1Qは営業利益が29.1%増、受注案件が堅調に推移
  • 2020/08/05 17:25:欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、低調な米経済指標もクロス円の上昇が支援
  • 2020/08/05 17:04:東京為替:ドル・円は下げ渋り、午後はドル売り一服
  • 2020/08/05 17:03:5日の中国本土市場概況:上海総合0.2%高で4日続伸、政策期待でITハイテクに買い
  • ■投資ニュース

  • 2020/08/06 03:58:8月5日のNY為替概況
  • JPXに移管「商品先物」ランキング (07/17更新)

    バックナンバー

    先物市場のテクニカル分析

    1. 先物市場のテクニカル分析
    2. 指数先物の高勝率短期売買
    3. 先物市場の高勝率トレード
    4. 日経平均VI入門
    5. 先物の世界 相場開眼


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (23MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。