携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 お問い合わせ 03-5386-7391 平日9:00-18:00 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 (11月22日更新)

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
ボリンジャー
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株
決算書 M&A FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

アンディ 鏑木繁
小次郎講師
バカラ村
林知之 New!
増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2017/09/14 16:31

日経平均は4日ぶり反落、地政学リスクへの警戒感再燃

*16:31JST 日経平均は4日ぶり反落、地政学リスクへの警戒感再燃
日経平均は4日ぶり反落。前日までの3日間で591円ほど上昇していたことから、本日は利益確定売りが先行して5円安からスタートした。寄り付き後は米株高や米金利上昇に伴う円安を支えにプラスへと切り返し、前場には19918.39円(前日比52.57円高)まで上昇する場面があった。しかし、北朝鮮が国連安全保障理事会の追加制裁決議を非難する声明を発表したことが伝わると地政学リスクに対する警戒感が再燃し、後場に入り一時19793.85円(同71.97円安)まで下落した。

大引けの日経平均は前日比58.38円安の19807.44円となった。東証1部の売買高は16億6250万株、売買代金は2兆2501億円だった。業種別では、空運業、非鉄金属、精密機器が下落率上位だった。一方、石油・石炭製品、繊維製品、その他金融業が上昇率上位だった。

個別では、売買代金トップの任天堂<7974>が小安いほか、三菱UFJ<8306>、ソフトバンクG<9984>、キーエンス<6861>、三井住友<8316>もさえない。ソニー<6758>はユーロ安を嫌気する向きがあり、3%超下落した。前日に燃料電池用触媒に関する一部報道を受けてストップ高比例配分となっていた日清紡HD<3105>は急反落。三井金<5706>や東邦鉛<5707>など非鉄金属セクターの一角も下げが目立った。また、シーアールイー<3458>、チタン工<4098>、モリテック<5986>などが東証1部下落率上位に顔を出した。一方、トヨタ自<7203>やパナソニック<6752>が小高い。東エレク<8035>など半導体関連株の一角は堅調だった。今期大幅増益見通しの鳥貴族<3193>、防衛関連の石川製<6208>が急伸。また、ダイニック<3551>やヤーマン<6630>はストップ高まで買われた。
《HK》

記事一覧

  • 2017/11/24 19:49:24日の日本国債市場概況:債券先物は151円02銭で取引終了
  • 2017/11/24 19:40:個人投資家スマイルマン:大きく下落した所では仕込んでおきたい!注目成長株のご紹介!【FISCOソーシャルレポーター】
  • 2017/11/24 19:29:欧州為替:ドル・円は上値が重い、ユーロ・ドルの一段高で
  • 2017/11/24 18:31:冨士ダイス---2Qは製品需要の高まりとコスト削減が進み増収・2ケタ増益
  • 2017/11/24 18:26:欧州為替:ドル・円はもみあい、欧州株はまちまち
  • 2017/11/24 18:15:日経平均テクニカル: パラボリックは陽転シグナル発生が近づく
  • 2017/11/24 17:58:24日の香港市場概況:ハンセン0.5%高と反発、本土系金融セクターしっかり
  • 2017/11/24 17:25:欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、米税制改正法案の審議を見極めへ
  • 2017/11/24 17:18:東京為替:ドル・円はじり高、株高にらみ円売り
  • 2017/11/24 17:09:ヒマラヤ Research Memo(8):大手2社に遅れを取るも、収益改善施策が奏効し営業利益率は上昇に転じる見通し
  • 2017/11/24 17:07:ヒマラヤ Research Memo(9):安定配当を継続、株主優待制度を導入
  • 2017/11/24 17:05:24日の中国本土市場概況:上海総合0.1%高と反発、空運セクター急伸
  • 2017/11/24 17:04:ヒマラヤ Research Memo(8):足元は大手2社に遅れを取るも、収益改善施策が奏効し営業利益率は今後上昇に転じ
  • 2017/11/24 17:02:ヒマラヤ Research Memo(7):EC事業との融合による店舗の付加価値向上と、新業態の開発等により成長を目指す
  • 2017/11/24 16:59:アズジェントなど
  • 2017/11/24 16:57:ヒマラヤ Research Memo(6):店舗数減の影響で減収となるも、利益は2ケタ増益と回復基調が続く見通し
  • 2017/11/24 16:55:ヒマラヤ Research Memo(5):不採算店舗の閉店実施により収益体質を筋肉質なものに変える
  • 2017/11/24 16:45:ヒマラヤ Research Memo(4):アウトドア用品の好調持続
  • 2017/11/24 16:44:マザーズ指数は6日続伸、人気株に積極的な押し目買い、直近IPOサインポストはストップ高
  • 2017/11/24 16:44:ヒマラヤ Research Memo(3):不採算店舗を中心とした閉店や販促費見直し等により2期ぶりの増収増益に転じる
  • 提供元: フィスコ

    ■投資ニュース

  • 2017/11/24 19:49:24日の日本国債市場概況:債券先物は151円02銭で取引終了
  • ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム New!
    携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (12MB)
    DVDカタログ (11MB) 紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    「テクニカル分析」ランキング(11/06更新)

    バックナンバー

    マーケットのテクニカル分析

    1. マーケットのテクニカル分析
    2. プライスアクショントレード入門 足1本ごとのテクニカル分析とチャートの読み方
    3. ワイルダーのテクニカル分析入門-オシレーターの売買シグナルによるトレード実践法
    4. 先物市場のテクニカル分析
    5. FXトレーディング 通貨取引で押さえておきたいテクニカルとファンダメンタルの基本

    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。