携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 (12月05日更新)

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 New!
アンディ えつこ
鏑木繁 小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com
<< Home / 著者インタビュー / File 013 『FXの小鬼たち』キャシー・リーエン氏

File 013 『FXの小鬼たち』著者
キャシー・リーエン

ニューヨーク・マンハッタン南端の金融地区にあるフォレックス・キャピタル・マーケッツ(FXCM)社の本社を訪れるたびに肌で感じるのは、同社の急速な発展ぶりである。かつて本社オフィスが新しいビルに移転したばかりのときは、まだ広々とした空間があり、いったいどうするつもりだろうと思ったものだった。ところが、数年でその空間は活気あるスタッフで埋め尽くされ、さらにもう1フロアを借りるまでに広がっていたのである。同社はFX(外国為替証拠金取引)専業ブローカーとして全米最大級の資本と口座数を誇り、大手金融機関が一目置く存在となっている。新進気鋭のFXアナリスト兼トレーダー、キャシー・リーエン氏はそのような同社の勢いを象徴する存在である。(世良敬明)


次へ

Q.  著書『FXトレーディング』が日本では刊行されると瞬く間に増刷が決まるほどの反響を呼びました。その理由をどうお考えですか?

A.  まず挙げられるのは、昔から多くの日本人が外国為替に親近感を持っているからでしょう。例えば、かなり長期にわたって日本では超低金利が続いており、多くの日本人がキャリートレード(※1)や外貨預金に目を向けています。  ただし、本書は日本だけでなく、米国でも受け入れてもらいました。それは、それまで「為替」というと学術的かつ複雑難解な本が多く、しかもFXについてほとんど書かれていなかったからです。それに対して、本書は「ユニーク」な視点から書かれていました。


Q. 「ユニーク」とは?

A.  かつて私は、JPモルガンなどの金融機関でインターバンク(※2)のトレーダーをしていました。その経験から、私はFX市場の内側から外を見る視点を学んだのです。  「外」とはFX市場を利用するユーザーからの視点、「内」とはFX市場でレートを提示するマーケットメーカーからの視点。このことは、外部からは見えにくい、そして株式市場に比べて複雑かつダイナミックな為替市場の習性や構造、勘所を身をもって知ることに役立ったわけです。  もともと私は積極的に売買をしてきた「トレーダー」なのです。市場のキープレイヤーをよく知っていますし、よく動く時間帯を知っています。つまり、従来の書籍に見られるような学術的な視点だけでなく、皆さんと同じ「トレーダーとしての実用的視点から」本書は書かれているのです。


Q. トレーダーとしての経験は?

A.  1999年からです。そして今もトレードを続けています。私たちのチームは、デイトレードを基本に自己資金でトレードをしています。そうでないとトレーダーの視点からレポートを書くことはできませんから。


Q. それはディーラーという意味ですか?

A. いいえ、違います。当社(FXCM)の顧客と同じ環境・条件でトレードをしているのです。


Q. 御社が「あなたに向かう(相対する)」ということでしょうか?

A. いいえ、違います。当社のシステムは、完全にコンピュータ化されており、カウンターパーティ(※3)である複数の銀行が提示するレートのなかで最良のものをそのまま提供しているだけです。つまり、強いて言えば、私の相手となるのは、その商業銀行です。


Q. ということは、あなたが見ているレートは御社のシステムが顧客に提示しているものと、まったく同じものなのですか?

A.  そうです。私は通常50〜80ピップス(pips)の利幅を考えていますから、インターバンクのスプレッド(売り気配値と買い気配値の差)にブローカー手数料が0.5〜1ピップ、たとえ2ピップス乗っていても気にしません。  このビジネスモデルを私は非常に気に入っています。まさに「お客様と共にある」わけですから。したがって、お客様の売買執行に問題が生じれば、私たちにも不都合が生じているわけです(笑)


Q. トレード経験はFXが中心なのですか?

A.  最初はJPモルガンでインターバンクのディーラーとしてFXだけをトレードしていました。しかしその後、JPモルガンがチェースに買収されると、私はFXだけでなく先物やオプションもトレードするようになりました。  本書(FXトレーディング)の特長のひとつに「市場間分析」がありますが、それはこのときの経験に基づいています。最近では、ダウとキャリートレードに強い相関性が見られますね。


Q. 株や先物などの取引所上場商品に比べて、FXの優位性とは何でしょうか?

A.  まず24時間市場であることです。市場を動かすような事件が、市場の活発な日中に起こるとは限りません。  「取引所にも夜間市場があるではないか」という指摘もあるかもしれません。しかし、流動性が違います。FXは24時間、潤沢な流動性を維持しているのです。  それに資金効率が良いのも優位性のひとつだと思います。300ドルで1枚のトレードができるわけですから。複数枚のトレードで柔軟な売買戦略を立てることができます。  そして単純です・・・・・・。


次へ

キャシー・リーエン Kathy Lien


FXの小鬼たち


FXトレーディング

ニューヨーク大学(ファイナンス)卒。JPモルガン・チェースではFXトレードとクロスマーケット取引にアソシエイトとして従事、インターバンク市場でのFXスポットとオプションだけでなく、金利デリバティブ、債券、株式、先物など、FX以外の金融商品のトレードにも豊富な経験を持つ。 フォレックス・キャピタル・マーケッツ(FXCM)では、チーフ・カレンシー・ストラテジストとしてテクニカルとファンダメンタルの両面からの分析調査レポート、マーケット解説、投資戦略を執筆。またオンラインサイト「DailyFX.com」の調査・分析責任者として、きわめて広範なリサーチとニュースを無料で提供している。


<< Home / 《著者インタビュー》一覧 / 『FXの小鬼たち』キャシー・リーエン氏

■投資ニュース

  • 2019/12/09 11:04:石川製---急伸、北朝鮮が実験成功と発表し地政学リスク再燃
  • ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (27MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    カスタムチャート インジケータランキング (11/22更新)

    バックナンバー

    石原順のメルマガ マーケットの極意

    1. 石原順のメルマガ マーケットの極意
    2. 相場師朗 5本の移動平均線
    3. 東京シストレのBeatrice
    4. ヒロのシンプル5分足トレード
    5. ボリンジャーバンド・ツールキット


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。